制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2021年1月記b


CD CDM2049


「戦争と平和のルネサンス音楽
〜ヘルマニア反乱に寄せて Germanies


カルレス・マグラネル指揮 & カペッリャ・デ・ミニストレルスCapella de ministrers

<器楽>古楽器

ヴィオラ・ダ・ガンバ4、ヴィオローネ1
リコーダー1、木管コルネット1、チリミア(ショームの一種/ダブル・リード楽器)1
サックバット(トロンボーン)4、バホン(ドゥルツィアン=ルネサンスファゴット)1
打楽器1、ギター&テオルボ1、ハープ1

<声楽>:

ソプラノ1、カウンターテナー1、テノール4、バス1


  作曲者   曲名
 1 イザークIsaacフランドル(c.1450-1517)  いざ戦いへ 
 2 スザートSusatoドイツ(c.1512-70)  ダンスリー(「舞曲集より) 
 3 フレトリウスPraetorius ドイツ(1571-1621) 神に歓呼せよ、全地よ 
 4 ジェルヴェーズGervaiseフランス(1540-60) 戦いのパヴァーヌとガリアルド 
 5 モラレスMoralesスペイン (c.1500-53)  神に歓呼せよ 
 6 ハスラーHasslerドイツ(1564-1612)  イントラーダとガリアルダ 
 7 フレトリウス Praetoriusドイツ (1571-1621)  よき兵士たちはみな 
 8 アンドレア・ガブリエーリA.Gabrieli イタリア(1510-86)  戦いの調べ 
 9 ラッソ Lassoフランドル (1532-94) 主よ、平和をお与えください 
10 プレトリウスPraetoriusドイツ(1571?1621)  舞曲(「テルプシコーレ」 より
11 シャイトScheidtドイツ(1587-1641)   組曲「戦い」より 
12 ガストルディGastoldiイタリア(c.1554-1609)  勝ちほこる愛の神 

録音:2019/7/7-9、スペイン、バレンシア、サント・ミケル・デルス・レイス教会  発売:2021/1/14

★表記・訳語を筆者多少変更



祈り願う気持ちは今も同じ



 ルネサンス時代(1400-1600)は、全ヨーロッパを揺り動かす激動の時代だった。政治、国家、そして文化・芸術、すなわち文学、美術、音楽においても各国で培われていた技法や様式などが行き交った。そうした動きの中で大きな画期的な進歩と新しい発展があった時代だった。

 さて、このディスクの構成は興味深い。スペイン版CDディスクの名は「GERMANIES」という短いものだが、日本版CDでは解釈を加え、上記のような長いタイトルを付けている。「GERMANIES」はスペイン、バレンシアで起こったヘルマニア反乱(1521-23)のことを指し意味している。この時のスペインを支配するスペイン王はカルロス1世(在位1516-56)で、彼は神聖ローマ帝国カ−ル5世(在位1519-56)でもあった。ヘルマニア反乱は、バレンシアの同業組合結社が起こしたカルロス1世の強い支配に対する反乱であった。こうした時のいわば小さな一つの町バレンシアの動きをタイトルにしたこのディスクの意図は? 企画者はどうやらもっと広い視野から捉えているようだ。それと上記の曲目に作曲者の国名と生年と没年を書き入れてみた。当時のヨーロッパ音楽主要国の音楽家が選ばれ網羅されていることが分かる。スペインの音楽家はたった一人モラレスのみなのである。このディスク制作者は、ヘルマニアの反乱というコンセプトを用いて広い視点で全ヨーロッパの動きを捉えようとしている。 

 今現在も起こり、実際にある大小の争いや戦争状態を見つめ直し、よりよい状態、つまり平和を願い、祈ろうとしているのであろう。それには全く同感であり、共感する者である。ということでピリオド楽器と声楽アンサンブルが奏でるルネサンス(1400-1600)音楽の純粋な美しい響きを味わい楽しもうではないか。そして世界に向かって万感の思いを放とうではないか。そして世界中が今現在戦っている新コロナの猛威の収束のためにもなるように力を合わせたいものである。



 /ルネサンスの概念 ルネサンスの音楽 多声音楽の黄金期 ルネサンス年表
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表