制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2022年4月記


DVD OA1347D

モンテヴェルディ 
オペラ「オルフェオ」

ジョン・エリオット・ガーディナー指揮
ジョン・エリオット・ガーディナー&エルサ・ルーク演出

モンテヴェルディ合唱団
イングリッシュ・バロック・ソロイツ

オルフェオ
ムジカ/エウリディーチェ
使者
プロセルピーナ
カロンテ/プルトーネ
スペランツァ
アポロ
羊飼いT
羊飼いU/冥界の霊T/木霊
羊飼いW/冥界の霊V
羊飼いV
冥界の霊U
ニンファ
クリスティアン・アダム(T)
ハナ・ブラシコヴァ(S)
リシュール・リシャルド(A)
フランチェスカ・ボンコンパーニ(S)
ジャンルカ・ブラット(Bs)
カンミン・ジャスティン・キム(S)
フリオ・ザナージ(Br)
フランシスコ・フェルナンデス=ルエダ(T)
ガレス・トレシダー(T)
ジョン・テイラー・ウォード(Bs)
ミハウ・チェルニアスキ(C-T)
ザカリー・ワイルダー(T)
ルノー・ドレーグ(Bs)
アンナ・デニス(S)

収録:2017/6/19 ヴェネツィア、フェニーチェ歌劇場  
発売:2022/4/28



史上初の名オペラ


 
オペラ「オルフェオ」(1607年作曲)は、モンテヴェルディ(1567-1643)にとって最初のオペラであった。オペラが誕生して以来の第6番目のオペラで、史上初の名作オペラとされている。1607年の2月24日に初演されたが、1600年頃に生まれたオペラopera伊語はまだ名称自体も確立していなかった。<音楽による物語favola in musica>と名打って「オルフェオ」は、マントヴァのゴンザーガ公のドゥカーレ宮殿の広間“鏡の間”で貴族学校の交友サークルの前でごく内輪に上演された。台本は宮廷書記官ストリッジョが執筆した簡潔でギリシャ神話に忠実な内容となっている。この上演後マントヴァの宮廷劇場でも公開上演され大評判を呼び、「オルフェオ」の総譜は2度も出版された(1609年と1615年)

 モンテヴェルディはクレモナで生まれ、1590年まで過ごし「マドリガーレ集第1巻」
(1587年出版)や「マドリガーレ集第2巻」(1590年出版)などを残した。そして1590年から1612年マントヴァに移り、約20年に及ぶ宮廷音楽の活動で、この時に「オルフェオ」が生まれた。また「マドリガーレ集第3巻」(1592年出版)、「マドリガーレ集第4巻」(1603年出版)、「マドリガーレ集第5巻」(1605年出版)を残した。そして彼の代表作「聖母マリアのための晩課(1610年出版)もマントヴァで作曲された。1613年からヴェネツィアに移り、生涯サン・マルコ教会の楽長を務めた。

 
モンテヴェルディはマントヴァ時代に、オペラ「オルフェオ」を作曲。アポロとムーサ=ミューズの子オルフェオの物語。妻エウリディーチェを亡くした夫オルフェオが冥界から妻を連れ出す話である。その条件は地上に出るまで妻の顔を見てはならぬということだったが、ついに見てしまう。二度と戻らぬ妻を思い続け、いい寄るトラキアの女たちを無視した。トラキアの女性たちは怒り狂い、オルフェオをバラバラに引き裂き、粉々にした体をトラキアの野にばらまいてしまう。父アポロに静かに導かれ天上に昇る場面で幕となる。モンテヴェルディの音楽は、シンプルながら要を得た優れた音楽によって劇は進む。上述したように特に5巻も仕上げた「マドリガーレ集」で培った彼の劇的声楽書法は並々ならぬもので、その非凡な珠玉の音楽――
器楽合奏合唱重唱独唱――によって劇は展開されている。



モンテヴェルディ オペラの金字塔 ミューズはミュージックのはじまり/ バロックの概念 バロックの音楽像 バロック年表/ モンテヴェルディ
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表