制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2004年2月記


DVD KKBM-1

ドニゼッティ オペラ「マリア・ストゥアルダ」

ファブリツィオ・マリア・カルミナーティ指揮 フランチェスコ・エスポジト演出
ベルガモ・ガエターノドニゼッティ管弦楽団 ロンバルト歌劇場連盟合唱団

カルメラ・レミージョ(S)
ソニア・ガナッシ(Ms)
ジョゼフ・カレハ(T)
リッカルド・ザネッラート(Bs)
マルツィオ・ジョッシ(Bs)
チンツィア・リッツィオ(Ms)
 

収録:2001/12ベルガモ、ドニゼッティ劇場  発売:2003/11/2


映画よりおもしろい史劇オペラ!


 70作にのぼるオペラを作曲したドニゼッティ(1797-1848)は、ロマン派前期のイタリア・オペラを支えた一人である。後に続いたヴェルディも多くの影響を受けた。軽妙なオペラ・ブッファで有名なドニゼッティは、歴史物を扱ったオペラ・セーリアにおいても優れた腕前を発揮している。

 このオペラでは6人の妻を持つことになるヘンリー8世の2人目の妻アン・ブリンの娘で英国女王になったエリザベスと、より由緒正しい英国王家の血を引き継ぐスコットランド女王メアリーが、くり広げる確執が劇展開となる。一人の男性を巡って、二人が寄せる思いも描かれている。エリザベスがよせる愛に反して、彼はやさしいメアリーに傾き、彼女を囚われの身から救おうとする。嫉妬に苦しむエリザベスの姿は、なんともいとおしい。血においてコンプレックスをもつエリザベスは、メアリーをついに処刑してしまう。数奇な運命に翻弄された二人の女性の歴史物語である。

 ドニゼッティの優れたアリアと重唱で紡ぎ出される音楽は、骨太な劇展開を可能にした。それはヴェルディ・オペラへと注ぎ込まれる。



ドニゼッティ ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ ドニゼッティ
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表