制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2016年6月記


        
CD 2564619519

「ブクステフーデ:カンタータ集」

トン・コープマン指揮・鍵盤楽器演奏

アムステルダム・バロック管弦楽団・合唱団  ハノーファー少年合唱団

バルバラ・シュリック(Sp)
モニカ・フリンマー(Sp)
マイケル・チャンス(C-T)
ルネ・ヤーコプス(C-T)
クリストフ・プレガルディエン(T)
ペーター・コーイ(Bs)

「手をたたいて喜べ BuxWV29」
「わたしの心は喜びにあふれる BuxWV72」
「イエスの甘美な思い出 BuxWV56」
「わたしは復活です BuxWV44」
「主に新しい歌を歌え BuxWV12」
「今日神の子は勝利した BuxWV43」
「イエスはわたしのいのち BuxWV62」
「神は喜び叫ぶ声とともに BuxWV33」
「神の子ではないか BuxWV6」
「神に喜びの声をあげよ BuxWV64」
「楽しく歌い、喜べ BuxWV52」
「わたしの心はいかにはればれし喜ぶことか BuxWV110」

収録:1987年  
発売:2015/1/25



娘を思い憚ったブクスフーデ


 バッハJ.S.Bachドイツ(1685-1750)は、1703年から07年までアルンシュタットに新しく出来た教会の初代オルガニストになった。この時期のバッハは人間的にもまだまだ未熟で、血気盛んな若者であった。1705年秋、バッハは4週間の休暇を取り、リューベックへ向かう。その目的は聖マリア教会のオルガニスト、今はときめく大音楽家ブクステフーデBuxtehude(c.1637-1707)の音楽を聴くためであった。アルンシュタットから400kmの道のりを徒歩で出かけて行ったといわれている。この休暇を無断で4週間から3ヶ月に延長した。このことによってバッがいかにブクスフーデの音楽に魅せられたかが分かるであろう。聖マリア教会での催し‘夕べの音楽Abendmusiken’では、ブクステフーデのカンタータが演奏されていた。ブクスフーデの音楽は、バッハには特にオルガン作品に大きな影響を与えたようだ。バッハはパッヘルベルから影響を受けた構築性に加えて、ブクスフーデの幻想的かつ劇的な要素がバッハの音楽に加わることになる。しかし、バッハが身に付けたブクスフーデの楽風は、アルンシュタットの会衆には不評だったという。ブクスフーデの特徴は、当時として個性を抑圧せず大胆に解放する表現性にあった。礼拝におけるバッハの演奏は大胆、前衛的なものとなった。コラールの伴奏に装飾や不協和音を用い、間奏では目もくらむような即興演奏をしたといわれる。

 大巨星ブクスフーデも父親であった。4人の娘がいたが、すべて早世したといわれている。バッハがやってきた1705年秋、ブクスフーデは68歳になっていた。その時4人の令嬢のうち幾人が生きていたのかは不明である。バッハにこの地に止まり、自分の後継者になることを奨めたといわれている。しかし、有名なハンザ同盟都市リューベックの中心教会オルガニストの地位を受け入れることとはならなかった。凡庸な音楽家であれば喉から手が出るような地位であった。その後のバッハの活躍からみてもそんな地位に甘んじる必要ななかったといえる。その条件がなんと20歳なったばかりのバッハに、20代後半だったブクスフーデの令嬢と結婚することであった。バッハより先に1703年に訪れたヘンデルマッテゾンも申し入れられたが、丁重にお断りしたということである。



ブクスフーデ バロックの概念 バロックの音楽像 バロック年表 バッハの生涯と功績/ バッハ
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表ブクスフーデの