制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2004年9月記


CD COCO-83820

メンデルスゾーン 
「ヴァイオリン協奏曲ホ短調Op.64」
ブルッフ
 「ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調Op.26」
ベルク 
「ヴァイオリン協奏曲」

ヨゼフ・スーク(vn)
カレル・アンチェル指揮
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団


録音:1963・64年  発売:2004/7/21




20世紀の遺産ボヘミアの森の音色、スーク!


 チェコのヴァイオリニスト、ヨゼフ・スーク(1929-2011)はドヴォルジャークの曾孫、またドヴォルザークの女婿作曲家ヨゼフ・スーク(1874-1935)の孫、さらにヤストラフ・コチアーンの最後の弟子という血縁と師弟関係にある恵まれた音楽環境に育った。その豊かで美しい音色に誰もが魅せられた。長い演奏活動と人気を保ち続けたが、2000年から演奏活動はしていないようだ。そのレパートリーも広く、作曲家についての好みについてうるさい人にも、この人が演奏するとその作品を大好きにさせてしまう不思議な演奏家と言える。ヘンデルバッハも、ベートーヴェンシューベルトも、ロマン派や20世紀の作曲家にも、彼はごく自然体に接している。

 このディスクに収められた二人のドイツ・ロマン派の超名品、そしてヴィーン表現派の12音技法で書かれたベルクの協奏曲もすべてなんの気負いもない表現で弾いている。極上の精緻な音程に包まれ、男性的な力強さを感じる音色によって、作品の構成感を浮かび上がらせている。

★ これを記したとき、スークは死去していなかった



ブルッフ  メンデルスゾーン ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表
ベルク 
20世紀音楽の様相 20世紀年表
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表