制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

1992年7月記


CD TKCC-30627

ベートーヴェン
 「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」

マズア指揮
ゲヴァントハウス管弦楽団
ズスケ(vn)




避暑の音楽


 一番好きな季節はと問われると、すぐ夏と答える。無類の汗かきのくせにやはり夏、夏が好きである。おまけに食欲と勤労欲もわき、なにかしら元気が出る。我ながら不思議である。叙階25周年を迎える歳の実年筆者のわたくし的単純な理由は、大好きな夏休みにその根拠があるようだ(^^)。筆者は6歳の幼稚園時代から34才迄の学生時代を経て、それ以後も学校で教鞭をとるという仕事に携わって来た。つまり、ずうっと夏休みと無縁でない生活を送ってきたからである。

 夏の音楽も多い。いかに夏を愛する人も多かったかも解る。例えばヘンデルの「水上の音楽」や「王宮の花火の音楽」、結婚行進曲で有名なメンデルスゾーンの「夏の夜の夢」など。ところでベートーヴェンの音楽は一般に情熱的で暑い音楽のように考えられているかも。だが、彼の作品には理知的でいわば冷めた面の要素がその芯に内在している。筆者はそうしたベートーヴェンに、心地よい涼しさ
(?)を感じるのだが。ピアノ・ソナタの「ヴァルトシュタイン」とか「ピアノ協奏曲・皇帝」などもそうである。
 そして特別な曲は「ヴァイオリン協奏曲」。まことにすっきりと涼しい音楽! 大理石のような美しさと天上の音楽を思わせる。そして上記のCDは世界一の古い伝統を誇る管弦楽団の演奏である。一昨年ドイツは統合されたが、旧東ドイツに属していたオーケストラとレーベルによる一枚である。すべて満点に近い質をもちながら、値段も千円とバカ安である。これはうれしく好ましい。低価格も気持ちのいい涼しさだね(^^)。推薦申しあげます。



ベートーヴェン 古典派の概念 古典派の音楽 古典派年表/ ベートーヴェン
エッセー目次


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表