制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2011年12月記


DVD TDBA-0003-4

J.S.バッハ 「クリスマス・オラトリオBWV248」

ジョン・エリオット・ガ^ディナー指揮
イングリッシュ・バロック・ソロイツ  モンテヴェルディ合唱団


クラロン・マクファデン(S)
ベルナルダ・フィンク
(A)
クリストフ・ゲンツ(T)
ディートリヒ・ヘンシェル(Bs)

 録音:1999/12/27  発売:2000



ビッグバンを超えたできごとかも



 宇宙の誕生を、ビッグバン理論=ビッグバン仮説によって説明されている。これは現代の宇宙論で、宇宙の膨張が始まった時点としている。これが約137億年前の宇宙誕生とされている。この時より空間、時間などが生まれた。このビッグバンが何によってなされたかは解明されていない。神の手によって行われたと筆者は信じている(^^)
 2011年12月13日にヒッグス粒子が一瞥されたと発表された。発見には1年はかかるという。物質を構成する最小単位が素粒子で、素粒子はヒッグス粒子によって質量を獲得することができるという仮説理論である。

 さて、たいへん唐突に話をせっかちに進めますよ。宇宙誕生に匹敵する出来事が約二千年前に起こった。いやこれは宇宙誕生以上の出来事だったかもしれないと筆者は考えてしまう。救い主イエスの誕生は人間の誕生と同じようにこの地球に起こった。だが、あまりにも普通にみえる。がしかし、人間が知りうる自然の理を完全に超えているのであったのである。

 人間、つまり新人類登場は約16万年前のことであったが、それから16万年後にこの地球に神は、イエスを誕生させたことになる。それはなんのためだったのだろう。旧約聖書には約四千年前のアブラハム、約三千二百年前のモーセ等と人間が自由に生き、数々の悪行も善行も行ってきたことが綴られている。この時の流れは神秘の一言につきる。人間は善も悪も行える存在。この度の東日本大震災時の大津波で多くの方々が高齢者、病者、子供を救うために自分を犠牲にした方が多くいらした。イエスは一番大切な教えを愛とされ、自分の命をすてて示す以上の愛はない、と最も大切な掟として教えられた。

 新約聖書は、イエスの誕生やイエスの身のまわりに起った出来事、そしてイエスの教えを淡々と記している。この福音書が示したイエスの降誕を、バッハは福音書が有する味わいを吸収して「クリスマス・オラトリオBWV248を1734年に作曲した。曲全体は、バッハがそれまでに作った世俗カンタータの素材に助けられ、解りやすく綴られた台本(一部ヘンリーツイで他は不明)に寄り添っている。



バッハ バロックの概念 バロックの音楽像 バロック年表 バッハの生涯と功績 バッハ
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表