制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 中世目次 作曲家別作品表 時代別作品表


グレゴリオ聖歌「ミサ曲第11番“Orbis Factor オルビス・ファクトール”」(通常式文)



 普通ミサ曲という場合、通常式文の4文キリエグロリアサンクトゥスアニュス・デイか、信条(クレド)を含めた5文に作曲したものをいう。ミサ曲第11番“オルビス・ファクトールOrbis Factor”は、4曲から構成される。グレゴリオ聖歌ミサ曲(通常式文)は18曲伝えられている。



<「オルビス・ファクトール」について>


@ あわれみの賛歌(キリエ)

 2つのキリエが伝えられている。一つは10世紀のもので、もう一つはこの曲を原曲として14世紀から
16世紀に改編されたと考えられている。
 4線譜の角形ネウマしか伝えられていないが、この流麗、しかも感性あふれる曲想は多くの作曲家に
霊感を与えたのであろう、オルガン曲などこれを主題にした作品や引用した作品は多い。
第1旋法で書かれている。

A 栄光の賛歌(グロリア)

 この聖歌は10世紀に作られたものである。この曲も楽譜を目にして誰もが感じる軽やかなリズムと
短い唱句を、交互に2つのグループが応答していく様がいきいきと感じられる。第1旋法で書かれている。

B 感謝の賛歌(サンクトゥス)

 11世紀に作られた曲である。のびやかな旋律は、ミサの中で本質的な箇所であり一番厳粛な部分へのみごとな導入となっている。
第2旋法が用いられている。

C 平和の賛歌(アニュス・デイ)

 14世紀に作られた。まさに祈りの音楽とはこのことをいうのかもしれない。
聖体拝領前の心静かな準備である。第1旋法である。




<「オルビス・ファクトール」の対訳>

日本カトリック教会ミサ式文-公式訳:2022年待降節より実施
「キリエ」のみギリシャ語が使われている

@(一)いつくしみの賛歌 キリエ
Kyrie, eleison.
Kyrie, eleison.
Christe, eleison.
Christe, eleison.
Kyrie, eleison.
Kyrie, eleison. 
主よ、いつくしみを。
主よ、いつくしみをわたしたちに。
キリスト、いつくしみを。
キリスト、いつくしみをわたしたちに。
主よ、いつくしみを。
主よ、いつくしみをわたしたちに。 


A栄光の賛歌 グロリア
Gloria in excelsis Deo,
et in terra pax hominibus bonae voluntatis. 
天には神に栄光、
地にはみ心にかなう人に平和。
Laudamus te, benedicamus te,
adoramus te, glorificamus te,
gratias agimus tibi
propter mgnam gloriam tuam. 
神なる主、天の王、全能の父なる神よ。
わたしたちは主をほめ、主をたたえ、
主を拝み、主をあがめ、
主の大いなる栄光のゆえに感謝をささげます。
Domine Deus, Rex caelestis, Deus pater ominipotens.
Domine Fili unigenite, Iesu Christe.
Domine Deus, Agnus Dei, Filius Patris.
主なる御ひとり子
イエス・キリストよ。
神なる主、神の子羊、父のみ子よ。 
Qui tollis peccata mundi, miserere nobis.
Qui tollis peccata mundi, suscipe deprecationem nostram.
Qui sedes ad dextram Patris, miserere nobis. 
世の罪を除く主よ、いつくしみをわたしたちに。
世の罪を除く主よ、わたしたちの願いを聞き入れてください。
父の右に座しておられる主よ、いつくしみをわたしたちに。
Quoniam tu solus Sanctus, tu solus Dominus, tu solus Altissimus,
Iesu Christe,
cum Sancto Spiritu, in gloria Dei Patris.

Amen. 
ただひとり聖なるかた、すべてを越える唯一の主、
イエス・キリストよ、
聖霊とともに父なる神の栄光のうちに。

アーメン。


                    

                                         *公式口語訳(2004年)

B信仰宣言 クレドニケア・コンスタンチノープル信条
Credo in unum Deum,
Patrem omnipotentem,
factorrem caeli et terrae,
visibilium omnium et invisibilium,
Et in unum Dominum Iesum Christum,
Filium Dei unigenitum. 
わたしは信じます。唯一の神、
全能の父、
天と地、見えるもの、見えないもの、
すべてのものの造り主を。
わたしは信じます。唯一の主イエス・キリストを。
主は神のひとり子、  
Et ex Patre natum ante omnia saecula,
Deum de Deo, lumen de lumine,
Deum verum de Deo vero.
Genitum, npn factum,
consubtantialem Patri,
per quem omnia facta sunt. 
すべてに先だって父より生まれ、
神よりの神、光よりの光、
まことの神よりのまことの神。
造られることなく生まれ、
父と一体。
すべては主によって造られました。  
Qui propter nos homines,
et propter nostram salutem,
descendit de caelis.
Et incarnatus est de Spiritu Sancto
ex Maria Virgine, et homo factus est. 
主は、わたしたち人類のため、
わたしたちの救いのために
天からくだり、
聖霊によって、おとめマリアより
からだを受け、人となられました。 
Crucifixus etiam pro nobis
sub Pontio Pilato passus,
et sepultus est.
Et resurrexit tertia die, 
secundum Scripturas,
et ascendit in caelum,
sedet ad dexteram Patris.
ポンティオ・ピラトのもとで、
わたしたちのために十字架につけられ、
苦しみを受け、葬られ、
聖書にあるとおり
三日目に復活し、
天に昇り、
父の右の座に着いておられます。 
Et iterum venturus est cum gloria,
iudicare vivos et mortuos,
cuius regni non erit finis. 
主は、生者と死者を裁くために
栄光のうちに再び来られます。
その国は終わることがありません。 
Et in Spiritum sanctum,
Dominum et vivificantem:
Qui ex Patre Filioque procedit.
qui cum Patre et Filio simul adoratur,
et conglorificatur,
qui locutus est per Prophetas. 
わたしは信じます。
主であり、いのちの与え主である聖霊を。
聖霊は、父と子から出て、
父と子とともに礼拝され、
栄光を受け、
また預言者をとおして語られました。 
Et unam, sanctam, catholicam
et apostolicam Ecclesiam.
Confiteor unum baptisma
in remissionem peccatorem.
Et expecto resurrrectionem mortuorum,
et vitam venturi saeculi.

Amen. 
わたしは、聖なる、普遍の、
使徒的、唯一の教会を信じます。
罪のゆるしをもたらす
唯一の洗礼を認め、
死者の復活と
来世のいのちを待ち望みます。

アーメン。       


C感謝の賛歌 サンクトゥス
Sanctus, Sanctus, Sanctus Dominus Deus Sabaoth.
Pleni sunt caeli et terra gloria tua.
Hosanna in excelsis.
Benedictus qui venit in nomine Domini.
Hosanna in excelsis. 
聖なる、聖なる、聖なる神、すべてを治める神なる主。
主の栄光は天地に満つ。
天には神にホザンナ。
主の名によって来られるかたに賛美、
天には神にホザンナ。
 

                                         
D平和の賛歌 アニュス・デイ
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi, miserere nobis.
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi, miserere nobis.
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi, dona nobis pacem.  
世の罪を取り除く神の子羊、いつくしみをわたしたちに。
世の罪を取り除く神の子羊、いつくしみをわたしたちに。
世の罪を取り除く神の子羊、平和をわたしたちに。 




★ グレゴリオ聖歌


2005-2022


音楽サロン表紙 目次 中世目次 作曲家別作品表 時代別作品表