制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2015年2月記b


CD(+DVD) PCCD923401

キアーラの日記/18世紀ヴェネツィアのピエタ養育院の音楽

エウローパ・ガランテ

ファビオ・ビオンディ
(CDEvn、Dヴィオラ・ダモーレ)

@ジョヴァンニ・ポルタ
Aアントニオ・ヴィヴァルディ
Bニコラ・ポルポラ
Cアントニオ・ヴィヴァルディ
Dアントニオ・マルティネッリ
Eアントニオ・マルティネッリ
Fガエターノ・ラティッラ
Gフルジェンソ・ペロッティ
Hアンドレア・ベルナスコーニ
弦楽のためのシンフォニア ニ長調
弦楽のためのシンフォニア ト長調RV.149<ムーサたちの合唱>
3声のシンフォニア ト長調
ヴァイオリン協奏曲変ロ長調RV.372<修道女キアーラのために>
ヴィオラ・ダモーレと弦楽のための協奏曲ニ長調<修道女キアレッタのために>
ヴァイオリン協奏曲ホ長調<修道女キアーラに捧ぐ>
シンフォニア ト長調
ヴァイオリンとオルガンのためのグラーヴェ ト短調
弦楽のためのシンフォニア ニ長調

録音:2013/8/20〜22  発売:2014/12/15

★ピエタ院を「ピエタ養育院」としました!



18世紀ピエタ養育院の音楽


 18世紀のヴェネツィアには4つの養育院(女子孤児院施設)があった。その一つがピエタ養育院Ospedale della Pietaである。この養育院を有名にしていたのは、その女子生徒たちによる弦楽演奏であった。すぐれた素質をもつ者に特別な音楽教育が行われていた。この女子生徒による合唱団と合奏団は、日曜日と祭日にはピエタ養育印附属教会において、ミサ奉仕や演奏会を行っていた。18世紀はじめ、ヴィヴァルディは大活躍する音楽教師maestro di゙ conncertiだったし、独奏ヴィオリンも弾いた。しかし、生徒の中に大変優秀な腕前の教え子キアーラSuora Chiara(愛称キアレッタChiaretta)がいた。彼女のためにヴィヴァルディやマルティネッリが、協奏曲を作曲し捧げている。

 このディスクでは18世紀、7名のピエタ養育院で音楽教師であり、キアーラの師でもあった7名の作曲家の作品を収めている。キアーラはピエタ養育院の生徒で、後に修道女になったと考えられる。1703年から1740年まで務めたヴィヴァルディは、「ヴァイオリン協奏曲変ロ長調RV.372<修道女キアーラのために>」とし、1750年から1781年務めたマルティネッリは、ヴィオラ・ダモーレと弦楽のための協奏曲ニ長調<修道女キアレッタのために>」や「ヴァイオリン協奏曲ホ長調<修道女キアーラに捧ぐ>」によって、この時すでにキアーラが優秀なヴァイオリン奏者であり修道女であったことが分かる。ヴィヴァルディなどこのような多くの作曲家が、ピエタ養育院に携わっていたとは驚きである。

ピエタ養育院Ospedale della Pieta  
音楽教師maestro di conncerti=全てイタリア人 生年没年 在任期間
アントニオ・ヴィヴァルディAntonio Vivaldi 1703-1740 1703-1740
ニコラ・ポルポラNicola Porpora 1686-1768 1725-1729
ジョヴァンニ・ポルタGivanni Porta 1675-1755 1726-1737
アンドレア・ベルナスコーニAndrea Bernasconi 1706-1784 1744-1753
アントニオ・マルティネッリAntonio Martinelli 1702-1782 1750-1781
ガエターノ・ラティッラGaetano Latilla 1711-1788 1753-1765
フルジェンソ・ペロッティFulgenso Perotti ? 1759-1763




ヴィヴァルディ ポルポラバロックの概念 バロックの音楽像 バロック年表/ ヴィヴァルディ 
エッセー目次⇒O


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表