制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

1996年2月記


CD POCG-9770

チャイコフスキー 「ピアノ協奏曲第1番Op.23」

アルゲリッチ(p)
アバド指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


録音:1994年ライヴ



名曲と名演の出会い



 35歳のチャイコフスキーロシア(1840-93)が残したこの名曲は、名ピアニストであるニコライ・ルビンシテインに献呈するつもりであった。ニコライ・ルビンシテインが激しい批判の言葉を浴びせたので、この曲はドイツ人ピアニストのハンス・ビューローに捧げられ、ボストンで彼の演奏で初演された。熱狂的な評判をとり、これによって国際的な作曲家になる一歩となった。翌年から豊かでないチャイコフスキーに強力なスポンサーが現れた。資産家の未亡人であるメック夫人で、14年間、多額の年金を与え続ける。これによって彼はモスクワ音楽院を辞職し、一年の半分は気の向くままにヨーロッパ旅行をし、あとは彼女の別荘地で作曲に没頭する生活が保証された。他人がとやかくいうことではないが、これより彼のハングリー精神は失われてしまったと筆者は評する。こうした過剰な生活安定が人間の仕事に影響するものかどうか、あなたもチャイコフスキーの作品を聴き比べて、答を出してみてはいかが。

 気迫あふれるこの協奏曲の名演は多くない。そこで1941年アルゼンチン生れの女流ピアニスト、アルゲリッチの演奏をおすすめしよう。情熱的なこのピアニストの半生は、まことに興味深いのである。1965年のショパン国際コンクールで優勝以来、大活躍してきた彼女の演奏は、常に満足感を与えてくれる。この協奏曲の録音をすでに2回も残していたが、これで3回目となる。彼女とイタリア人アバドの指揮、ベルリン・フィルが参入して互角に渡り合った名演となった。



チャイコフスキー ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表 ロシア五人組/ チャイコフスキー
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表