制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2003年12月記


CD UCCD-3224〜5

ラヴェル 「ピアノ曲全集」

01: ソナチネ
02: 高雅にして感傷的なワルツ
03: クープランの墓 
04: 夜のガスパール
05: 前奏曲
06: ハイドンの名によるメヌエット
07: ボロディン風に
08: 古典的なメヌエット
09: 亡き王女のためのパヴァーヌ
10: シャブリエ風に
11: 鏡全5曲
12: 水の戯れ
13: マ・メール・ロワ全5曲

パスカル・ロジェ(p)  13: =デニス・フランソワ・ロジェ(p)

 録音:1973・74年  発売:2003/10/29



20世紀の遺産ラヴェルの音


 ラヴェル(1892-1937)は、20世紀前期を代表するフランスの作曲家である。ドビュッシーと並んで印象派の音楽家といわれている。それはさしおいても確かに彼の作品を聴くとそれが管弦楽曲であれピアノ曲であれ、視覚的なインパクトを与える。おもしろいことにピアノ作品においてよりその印象は強い。いわばピアノは無彩色のような楽器なのに、彼の作品は感覚的な輝きと色彩を感じさせる。

 ラヴェルはいわゆる前衛的な作曲家ではない、といっても伝統主義者でもない、独特の音の世界を立ち上げた。筆者は日本の文学でいえば三島由紀夫をなぜか連想してしまうのはなぜだろう。この論が妥当か否かは皆さんに判断をお任せします。単に直感的に感じたままを言ったに過ぎませんから。

 今回、このCDを見て驚いてしまった。それは2枚のディスクなのにラヴェル・ピアノ曲全集である。ラヴェルにはもっとたくさんピアノ曲があったのではないか、と思ってしまったからである。大作2作品を含めて全13曲が収められているこのディスクは、たいへん貴重なディスクである。


書籍:「ラヴェル」ヴラディミール・ジャンケレヴィッチ(福田達夫)白水社



ラヴェル 20世紀音楽の諸相 20世紀年表/ ラヴェル
エッセー目次⇒G


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表