制作者:国本静三

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2014年7月記



CD KKC5375

リヒャルト・シュトラウス

@ 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずらOp.28
A 交響詩「ドン・キホーテOp.35」
B
 交響詩「マクベスOp.23」

フランソワ=グザヴィェ・ロト指揮
バーデン=バーデン&フライブルク南西ドイツ放送交響楽団
Aフランク=ミヘェル・グートマン(Vc) ヨハネス・リューティ(Va)

録音:@2012年 A2013年 B2012年  
発売:2014/5/20



R.シュトラウス生誕150年交響詩


 交響詩Sinfonihe Dichting(独語)poema sinfonico(伊語)という音楽分野が成立したのはいつからか? それはロマン派(1820-1900)の盛期に、その精神を汲み出すように誕生したようである。多様な様相のロマン派において標題音楽の道は、その一つであった。厳密な意味で標題音楽の創始者は、ベルリオーズBerliozフランス(1803-69)といわれている。それは彼の「幻想交響曲Symphonie fantastique Op.14-1」(1830年作曲)から始まり、管弦楽曲に大きな道を開いた。そして生まれるべきして生まれた存在が交響詩であろう。では誰が交響詩を創始したのだろうか。それはリストLisztハンガリー(1811-86)だといわれている。彼は交響詩の第一作は、ヴィクトル・ユゴーの詩集「秋の木の葉Les Feuilles d'automne(1831年出版)の中の「人が山で聞こえるものCe qu'on entend sur la montagne」によっている。この詩をプログラミングされたプログラム=標題として作曲した。それがリストの第一作交響詩「人が山で聞こえるもの S95」(1848-49年作曲、1850年改編)であった。これによって長大な交響曲の中の一楽章を交響詩とすることとは根本的に異なる存在として、楽章のない交響詩を確立したのであった。曲は上記に詩にしたがって、<自然の声>と<人間の声>が相互に対立・絡み合うように展開していく。最後は平和な静けさの中で閉じられる。この時よりリストから影響を受けた多くの作曲家によって交響詩は作られていくが、厳密な意味での標題音楽書法による交響詩に当たらないものも多い。時を経てリストが確立した交響詩は、リヒャルト・シュトラウスによって最も厳密にく踏襲されたといえるかもしれない。ちなみにリストの交響詩第一作「人が山で聞こえるもの S95」が、R.シュトラウスの「アルプス交響曲Eine Alpensinfonie Op.64」の先駆的な作品ともいわれることもあるが、小生の論とは別問題。リストは13曲の交響詩を残した。

 さて、リヒャルト・シュトラウスRichard Strausドイツ(1864-1949)は、今年生誕150年を迎える。7作の交響詩を残し、大規模な管弦楽書法によってリストの交響詩の概念を拡大し発展させた。
 このディスク収められた3曲について。ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずらOp.28」 は北ドイツの中世の民話に基づく題材で、遊びの精神が巧みに表現されている。「ドン・キホーテOp.35」は、セルバンテスの作品からエピソードが取られている。序奏と主題、10の変奏をはさみ終曲で構成されたヴィオラとチェロによる協奏曲的な作品である。「マクベスOp.23」はシェークスピアの有名な戯曲から題材は取られている。

R.シュトラウスの交響詩
作品名 作曲年 題材
ドン・ファンDon Juan Op.20
マクベスMacbeth Op.23
死と変容Tod und Verklarung Op.24
ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら
  Till Eulenspiegels spiegels Lustige Streiche
Op.28
ツァラトゥストラはこう語ったAlso sprach Zarathustra
ドン・キホーテDon Quixote
英雄の生涯Ein Heldenleben
1887-88年
1886-89年、1891年改訂
1888-89年
1894-95年

1896年
1897年
1898年
ニコラウス・レーナウの詩
シェークスピア「マクベス」
シュトラウス当時の心境を音化したもの(⇒アレクサンダー・リッターの詩
14世紀北ドイツの伝説

フリードリッヒ・ニーチェの同名作による印象か
ゲル・セルバンテスの同名作によるエピソード
この英雄はシュトラウス自身か



R.シュトラウス /ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表 後期ロマン派R.シュトラウス
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表