制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2022年11月記b


CD 9029-631076(輸入盤)

「レクエルドス~プロコイエフ、ブリテン:ヴァイオリン協奏曲、他」

クリスティアン・マチェラル指揮
オーガスティン・ハーデリッヒ(vn)
ケルンWDR交響楽団
 
作曲 曲名 備考 
プロコフィエフ
②サラサーテ
ブリテン
タレガ=リッチ編曲
ヴァイオリン協奏曲第2番ト短調Op.63
カルメン幻想曲Op.25
ヴァイオリン協奏曲ニ短調Op.15
アルハンブラの思い出
3楽章構成+管弦楽 
序奏と4部構成
、管弦楽伴奏
3楽章構成+管弦楽
無伴奏

録音:2021/5/29,31,6/1,8/30,9/1,9/1,9/14-18ケルン、フィルハーモニー  発売:2022/9/2



ヴァイオリン音楽の逸品!


 ロシア革命(1905-17)後、プロコフィエフロシア(1891-1953)は1918年に亡命するが、1932年にはソ連となった生国に帰った。ソヴェト社会主義に適応し、新しい自己を見い出し、聴衆を意識し、人民の志向を思い、情熱を込めて応えた。さらに当時のソ連の諸メディア、つまり劇場や演奏会組織、映画、ラジオ放送、出版界などにも積極的にも関わった。「ヴァイオリン協奏曲第2番ト短調は1935年に作曲、同年にスペイン、マドリードで初演した。曲はロシア民謡を思わせる旋律で第1楽章(ソナタ形式)は始まる。第2楽章(3部形式)は優美な旋律、そしてチェロ独奏の楽句をヴァイオリン独奏が絡んでいく。第3楽章(ロンド形式)はスペイン的で主題はカスタネットの響きと共に登場する。

 ブリテンイギリス(1913-76)は、1939年夏にカナダのケベック州サン・ジョヴィットで「ヴァイオリン協奏曲ニ短調」を作曲した。この年にチェコスロヴァキアが崩壊、イギリスとフランス対ドイツによる世界大戦が始まった。戦火をを避け、反戦の意を込めた作曲と思われる。初演は1940年3月27日ニューヨークだった。

 19世紀のサラサーテスペイン(1844-1908)はヴァイオリン奏者でもあり、1883年にヴァイオリンと管弦楽のために作曲。ビゼーのオペラ「カルメン」のパラフレーズ(序奏と4つの部分)からなる。

 タレガTarregaスペイン(1852-1909)=リッチアメリカ(1918-2012)ヴァイオリン独奏編曲版「アルハンブラの思い出」は有名なギター作品であるが、名ヴァイオリニスト、リッチによる跳ばし弓によるアルペジオを駆使した非凡な編曲である。



サラサーテ タレガ
プロコフィエフ 20世紀音楽の様相 ロシア略史――ソヴェト連邦/ プロコフィエフ
ブリテン 
20世紀音楽の様相ブリテン
エッセー目次⇒



音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表