制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2017年11月記


CD OVCL-00626

ポポーフ
「交響曲第1番Op.7」
《日本初演》

飯盛範親
指揮

東京交響楽団


録音:2016/8/4東京サントリーホールライヴ  
発売:2017/8/23




日本初演、ポポーフ「交響曲第1番」



 ガヴリイル・ニコラーエヴィチ・ポポーフGavriil Nikolayevich Popovソ連(1904–72)のピアノ曲「2つの小品Op.1」(1925年作曲)は、シェーンベルクに献呈されている。これが示すように、新ウィーン楽派の影響のもとに作曲家として活動に入った。ほとんど同時期のショスタコヴィチと比べられることも多かったが、その理念は異なっていく。ここで紹介する「交響曲第1番Op.7」(1935年作曲)はじめ「室内交響曲Op.2」(1927年作曲)は、無調的な新しい作品として評価を得た。だが、ソ連当局とのまさつもあったが、いわゆる国家に従う作曲家となっていく。

 多数の管絃楽曲を作曲し、代表作である交響曲を6曲完成させた。彼の作品の多くは、ソヴェト体制の制約と当局による規定に従っている。たとえば「交響曲第2番<祖国>Op.39」(1943年作曲)、「交響曲第4番<わが祖国のを栄光>Op.47」(1949年作曲)ではソヴェト国家を賛美し、合唱曲ではあからさまに個人や体制を称える作品となっている。カンタータ「勝利へ」(1944年作曲)とかカンタータ「レーニン詩曲」(1950年作曲と題されているのである。他には社会主義国家の幸せな生活ぶりを描く作品も多い。「交響曲第5番<田園>Op.77」(1956年作曲、「交響曲第6番<祝祭>」(1969年作曲、合唱曲「陽気なコサックの歌Op.52」、合唱曲「5つのコサックの合唱Op.93」(1956年作曲)、合唱曲「春の日Op.95」など。ポポーフは他の作曲家にならい映画音楽も多数作曲担当している。

ポポーフ /20世紀音楽の様相 20世紀年表/ 
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表