制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

1991年7月記 
   CD UCCD3927

パヴァロッティ 「オ・ソレ・ミオ」

  ボローニァ歌劇場管弦楽団・合唱団
ナショナル・フィルハーモニック管弦楽団

  録音:1977、1979年  発売:2007/11/7
  


夏はイタリア民謡がいい


 小生のイタリア民謡との出会いは、中学生の時であった。“わが太陽”とか“帰れソレントヘ”など…。同時にイタリアにもあこがれをもち、一度はナポリを見たいと思っていた。実際「ナポリを見て死ね」ということばがイタリアにある。ナポリには3度行っているが、まだまだ行ってみたい所である。ナポリの魅力は下町と教会、そして文化! 信心深い人が多く、バスに乗っていても教会が見えると皆がちゃっちゃかちゃっちゃかと十字を切っている。老いも若きも、無頼漢のようなアンチャンも(失礼!)み〜んなやる。週日の教会の早朝ミサも満員、そしてよく働く。やたらカカァー天下の町で、ウーマン・リブ運動など全く必要なさそうである。素晴らしい美術館が2つあって、世界の宝が腐る程あるのだっ〜!

 さて、先日、学会
グレゴリオ聖歌学会・国際大会)のため、イタリアのヴェローナに行って来た。その後、調べもののためにヴェネツィアに立ち寄った。マルティアーナ国立図書館で13世紀のグレゴリオ聖歌の筆写本の一つの楽譜を見るためで、手にとってゆっくり楽しんだ。その帰り道、偶然に欲しかったCDをレコード店で見つけたのである。8年位前、FM放送で聴いたことのあるもので、内容はなつかしいナポリ民謡“わが太陽”から“フニクリフニクラ”までの13曲!

 世界一のバヴァロッテイのテノールは絶好調。注意:最近同じタイトルのCDがあるが、新しいカンツォーネを含む別物である。


★ Pavarotti(1935-2007):2007年9月6日モデナで膵臓癌で死去、享年71歳



ナポリ民謡  
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表