制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2001年7月記


CD UCCD-1032

パヴァロッティ/ライヴ・リサイタル」

ルチアーノ・パヴァロッティ(T)  レオーネ・マジェラ(p)

録音:1997・98・99年  発売2001/5/23



20世紀の遺産:イタリア人の声(パヴァロッティ)


 今、オペラ歌手は世界中の国から結集されて各地の有名オペラ劇場は、花盛りである。イタリアの劇場でも例外はない。まことに喜ばしいことである。例えば柔道や空手が世界中で普及しているが、こうした世界化は確かに問題もはらんではいるものの、大きな潮流からみればよいことと誰しも思うであろう。さて、声楽家となるとやはり言葉の壁は大きい。ネイティヴの歌手のようにはいかない。オペラ作品の中、とりわけ大きな比重を占めているのが、イタリア・オペラである。イタリア語の発音は確かに日本人にとって学びやすい。だ、だがあのパスタのぬめりのような音にはなかなかならない。全言語バッチリ歌手なんているわけない。この点において名歌手たちもなんらかのハンディをもっていることになる。

 話変わってパヴァロッティ
(1935年イタリア、モデナ生まれ)についてです。声楽家としては超人的な現役を今なお果たしている。イタリア語そのものが声になったような艶やかな声は驚きであるが、当然と言えば当然である。失礼ながらこの方、超肥満児君でこれが健康の害にならぬかと、小生は小さな胸を痛めている(笑)。彼のイタリア作品における味わいは、極上のイタリア・ワインのようである。ここでご紹介申し上げるディスクではバロックから近代に至るイタリア歌曲やイタリア・オペラが含まれている。めずらしいベートーヴェンのイタリア歌曲もある。ベートーヴェンが当時ヴィーンで活躍していたイタリア人の作曲家サリエリに師事した成果であろうか、みごとな作品となっている。


★ Pavarotti(1935-2007):2007年9月6日モデナで膵臓癌で死去、享年71歳



パヴァロッティ  
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表