制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

1998年7月記


CD WPCS-6298〜9(2枚組)

クーナウ
 「聖書ソナタ(全曲)」

レオンハルト
(org,cemb,語り)

録音:1969年  
発売:1998/5/25



夏休みにこそ聖書!



 「聖書っておもしろい?」って問われれば、君はどう答える? 自信をもって「イエ〜ス!」とは言いにくいかも。それはね、聖書は一人の著者が書いたものでなく、重複あり反復ありで、一環とした歴史的視点や構成がないから読むのにむつしいかも。特に長い旧約聖書は、その歴史と地理とを掴んで読んでいかないとビビッとこない。ひとたびその記された意図と歴史が分かって来ると、おもしろくて仕方がなくなること必至。神への信仰が芽ばえ始めれば鬼に金棒である。新約聖書もしかりで、2千年前の歴史やイエス死後の弟子たちが活動した社会・地理状況を多角的に掴んでいけば、もっともっとイエスのメッセージがビンビン伝わってくることであろう。

 ドイツ・バロック
クーナウ(1660-1722)のこの音楽は、6曲からなるオルガンやチェンバロのための独奏ソナタ集。旧約聖書の6つの物語が選ばれ、音楽化されている。ちなみに第1番は<ダビデとゴリアテの戦い>が取り扱われ、ドラマティックな音楽はイタリア・バロック画家カラヴァッジオの絵でも見ているよう。

 そして今回はもう一つ、いや2冊の本をおすすめする。原作者はすぐれたプロテスタント系神学者で、翻訳も人名や地名などはすべて「新共同訳聖書」の用語に従っている。おもしろく読め、聖書の骨格を知らず知らずのうちにもたらしてくれるであろう。できれば聖書地図や年表で要所要所をおさえていくといいなあ。あまり気負わないで先ずは車窓やプールサイドの友としたまえ! その後は聖書を読もうね。このことを忘れずにね。


*書籍:ワンゲリン:<小説「聖書」旧約篇>、<小説「聖書」新約篇>徳間書店




クーナウ バロックの概念バロックの音楽像 バロック年表
エッセー目次⇒



音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表