制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2011年4月記



CD DCJA21019

福井 敬 「日本を歌う(悲しくなったときは)

福井 敬(T)  谷池重紬子(p)

  曲名 作詞者  作曲者    曲名 作詞者 作曲者 
落葉松 野上 彰 小林秀雄 11 野の羊  大木惇夫  服部 正 
荒城の月 土井晩翠  瀧 廉太郎 12 さくら横ちょう  加藤周一  別宮貞雄
秋の月    瀧 廉太郎  13 悲しくなったときは 寺山修司 中田喜直
出船 勝田香月  杉山長谷夫 14 ひぐらし  北山冬一郎 團 伊玖磨
鐘が鳴ります  北原白秋  山田耕筰  15 紫陽花  北山冬一郎 團 伊玖磨
待ちぼうけ  北原白秋  山田耕筰  16 恋のかくれんぼ  谷川俊太郎 武満 徹 
宵待草  竹久夢二  多 忠亮  17 ぽつねん  谷川俊太郎 武満 徹 
かやの木山の  北原白秋  山田耕筰  18 死んだ男の残したものは 谷川俊太郎 武満 徹 
城ヶ島の雨  北原白秋  梁田 貞  19 小さな空    武満 徹 
10 初恋  石川啄木  越谷達之助  20 見上げてごらん夜の星を  永 六輔  いずみたく

収録:2010年9月7、8日、11月9日  
発売:2011/2/9


東日本大震災を傷む


 それは2011年3月11日午後2時46分頃のことであった。その午後に出かける所用もあり、そのつもりにしていた。だが昼前から気分がすぐれず、頭がぼ〜っとして、手術後でもめずらしい症状を感じた。予定は中止し、昼食後床を取り本格的な午睡をした。そしてぐっすり眠り、気分も爽快に目覚めた。起きあがった時、太平洋三陸沖を震源として千年に一度ともいわれるマグニチュード9.の巨大地震、東日本大震災が襲ったのであった。早く着替えをしなければと思い、やっとこさで服を着て、激しい揺れがおさまるのを待った。しかし、何度も何度もおさまったかと思うと揺れは続いた。TVニュースで徐々に情報が伝えられた。初めは関東直下型の地震ではないかと考えたが、そうではなかった。9階に住む私の所は大いに揺れ、生まれて初めての大きな揺れに直面したことになった。上の棚に収まっていた書類ファイルはすべて床に落ち散乱した。紙の海というような状況になったことはいうまでもない。

 大震災と津波後の被災者や犠牲者、福島第一原発事故による被爆問題と、まだまだわれわれの痛みが癒されるどころか三週間を経た今も続いている。いや、ますますその惨状は増加しているように見える。未曾有の死者(2万人を越えそう)! 日本中、いや世界中で哀悼が捧げられている(合掌)

 さて、福井 敬氏のCDはこの大地震とは無関係といっていいが、でも筆者もお見舞いの気持ちを込めてご推薦します。氏は岩手出身、その彼の声は多くの人が慰められるにちがいない。そして世界のすべての人々に聴いていただきたい歌曲であり、すぐれた演奏でもある。



 エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表