制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2011年10月記


CD MCYP7612

セザール・フランク

① 交響詩「呪われた狩人」
② ピアノと管弦楽のための交響詩「ジン」
③ 交響詩「アイオリスの人々」
④ 
ピアノと管弦楽のための「交響的変奏曲」

フランソワ=グザヴィエ・ロート指揮

 セドリック・ティベルギアン(p)

ベルギー王立リエージ・フィルハーモニー管弦楽団

録音:2009年7/22-25
  発売:2011/8/5 



フランクの交響詩


 セザール=オーギュスト=ジャンギョーム=ユベールフランクCésar-Auguste-Jean-Guillaum-Hubert Franckベルギー(1822-90)は、ベルギー、リエージュで生まれた。ドイツ系の家系であった。リエージュ音楽院でピアノを学び1834年に卒業する。1835年に一家でパリに移住し、パリ音楽院に1837年入学し、作曲、ピアノ、オルガン等を学ぶことになる。だが1842年にパリ音楽院を退学してベルギーに戻った。だが、1844年には再びパリに戻る。父の反対を押し切って結婚し、ピアノ教師や教会オルガニストを務めての生活となった。この間、教会音楽やオラトリオなどの作曲をしている。

 1871年サン=サーンスフォーレ等とともにフランス国民音楽協会の設立に加わった。1872年パリ音楽院オルガン教授に迎えられた。そして50歳を迎えた頃より、積極的に作曲活動に乗り出し、60歳頃より名曲を残す。フランクの交響詩は5曲数えられている。交響詩は典型的な標題音楽の作例であるが、リストがその創始者といわれている。

 このディスクの演奏はフランクの生まれ故郷、ベルギーのフランス語圏の中心都市の一つリエージュで半世紀前に創設された王立リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団によるものである。この管弦楽団が<王立>の名が冠せられているのは、この楽団の功績が王室によって高く評価されたからであった。

フランクの交響詩
作品名   作曲年  初演年  作品内容
交響詩
「アイオリスの人々Les Éolides
M43  
1875年

1876年
1877年国民音楽協会
演奏会
 
フランク最初の交響詩。詩人ルコント・ド・リールの「古代詩集」に含まれる「アイオリスの人々」からヒントを得て作曲。演奏時間は10分ほど。
交響詩
「呪われた狩人Le Chasseur maudit
M44 
1882年 1883年国民音楽協会
演奏会
18世紀のドイツの詩人ビュルガーのバラードに基づいた作品。教会のミサに出かけず、狩に出かけた伯爵は、その冒涜によって永劫の罪を受けてしまったという内容。冒頭のホルンに続いて、聖歌風の主題が現れ、やがて他の主題が取って代わり、狂騒的に展開していく。 演奏時間は約15分。 
ピアノと管弦楽のための
交響詩「ジンDjinnsM45
 
1884年  1885年国民音楽協会
演奏会
 
5曲の交響詩の中でも傑作として評価されている。ジンDjinnsは魔神とか鬼神とも訳されることがある。
ピアノと管弦楽のための
「交響的変奏曲Varietion symphoniques pour piano et orchestre嬰ヘ短調M46  
1885年  1886年国民音楽協会
演奏会
 
陰影を含みながらも華麗で劇的な印象をおだやかに与える。ピアノ独奏と管弦楽という協奏曲風の演奏形態。
演奏時間は17分ほど。
 




フランク /ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ フランク
エッセー目次


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表