制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2005年2月記 


CD 8.557492(ナクソス)

ドニゼッティ 「協奏曲集」

ラースロー・コヴァーチュ指揮
カメラータ・ブタペスト

@ 「菅楽のためのシンフォニア ト短調」
A 「フルートと室内オーケストラのためのコンチェルティーノ ハ短調
(ソナタからの編曲)
B 「 オーボエと室内オーケストラのためのコンチェルティーノ ヘ長調
(ホフマン編曲)
C 「ヴァイオリン、チェロとオーケストラのためのコンチェルティーノ ニ短調」
D 「イングリッシュ・ホルンとオーケストラのためのコンチェルティーノ ト長調」
E 「クラリネットとオーケストラのためのコンチェルティーノ変ロ長調」
F 「カプッツィの死に寄せるシンフォアニア ニ短調

 録音:1994/6  発売:2004/12/25



オペラの達人ドニゼッティの協奏曲


 イタリアのオペラ作曲家ドニゼッティ(1797-1848)は、ロマン派の音楽家の一人である。シューベルト(1797-1828)と生年が同じといえばわかりやすいかもしれない。かってはヴェネツィア共和国の支配下にあった北イタリアの古都ベルガモで生まれた。活動の起点がロッシーニと同じく、パリとイタリアにあった。生涯、70作と1つは未完(補筆完成された)のオペラを残した驚くべき作曲家である。ロッシーニのオペラ・ブッファの精神は、ドニゼッティにその余韻は受け継がれていった。彼の足跡はしっかりとヴェルディに受け継がれていき、大きな影響を与えたのであった。

 彼はオペラだけでなく、教会音楽や声楽曲、さらに管弦楽曲からピアノ曲までの各分野の作品を600曲以上残している。ここで7曲目の曲名に出ているカプッツィは、同じベルガモで活躍したヴァイオリニストでオーケストラのリーダーでもあった。このシンフォニアはまことにドニゼッティらしい劇的な曲想が伺える作品である。



ドニゼッティ ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ ドニゼッティ
エッセー目次


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表