制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

1995年5月記


CD BVCC-7369

ピアノの詩人/ショパン名曲集 (18曲)

ステファニスカ(p)




雨の音


 考えてみれば雨の音も変ってきた。屋根も瓦屋根が減ってきたし、道も舗装された。パラパラとかザアーッという音が聞こえなくなった。夕立の軒からこぼれ落ちる音や、とい(樋)を伝う音も懐かしく思い出される。浮世絵には多く雨の情景が描かれているし、音楽でも雨の表現は少しはある。ショパンの「雨だれ」はよく知られた曲である。

 ショパン(1810-49)は、ポーランドに生れた。母はポーランド人、父はフランス人というためだろうか、20歳の時、祖国を去りパリに移住した。これ以後、遠くから祖国ポーランドに対する強い祖国愛を持ち続けていくことになる。彼の作品の中でもこのことを見い出し得る。

 ご存知の通り、古来、ポーランドはカトリック国、そして芸術についてたいへんなハイ・レヴェルな理解と優秀な芸術家を現在に至るまで生み出し続けている。しかも、常に歴史の荒波の只中に立たされ、度々戦闘状態や危機状態に置かれた。一つの原因は地理的状況にもあるかもしれない。西ヨーロッパから東欧、北欧に向かう道筋にあった国だったからなおさら危機に置かれた。20世紀にはナチ支配とアウシュヴィッツ収容所、社会主義政権による長年の支配下に置かれ、またその支配から解放される前後に悲惨な経済危機に見舞われもした。にも関わらず、世界最高峰のピアノ・コンペティションであるショパン・コンクールが果断なく、国民の犠牲と理解のうちに開催され続けてきた。ポーランド魂を満身にもっているショパンの名曲を集めたCDをご紹介しましょう。演奏者はポーランド人の女流ピアニストである。ちなみに現教皇は、ポーランド人である(教皇ヨハネ・パウロ在位1978-2005年)



ショパン ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ ショパン
エッセー目次


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表