制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2010年9月記


CD AMCD232828

@ラインベルガー 「ミサ曲変ホ長調Op.109<カントゥス・ミサ>」
Aブルックナー 「ミサ曲第2番ホ短調WAB.27」


ヴィンフリート・トル指揮 
ラルバ・フェスタンテ  フライブルク・カメラータ・ヴォカーレ

録音:2007年ドイツ、メルツハウゼン聖ガレン教会  発売:2010/7/20



ブルックナーのミサ曲


 ブルックナーBrucknerオーストリア(1824-96)後期ロマン派に属す作曲家である。ブルックナーの残した代表的な教会音楽には、3つの「ミサ曲」、「テ・デウム」や「詩編150番」等がある。これらより規模の小さなモテットなどのような作品もある。

 ブルックナーは作曲家として世に出るまでは、オルガニストと教会音楽作曲家としてのキャリヤーが長かった。しかし、よい意味でもわるい意味でも彼の教会音楽は、独特であると思う。これは彼の全分野の作品にも言えることかもしれない。思い返して見れば1940年生まれの筆者の少年時代には、ブルックナーの作品を現在のように自由に享受することができなかった。音楽史の書物などでその名を知るのみで、作品を聴く機会がごく少ない作曲家だった。いわんやオルガン曲やミサ曲は遠い遠い存在であった。私事であるが、1960年中頃上智大学神学部に学ぶ神学生であった。当時学び住まいとしていたのが東京カトリック神学院で、その院長はドイツ人の故ゲッペルト神父(イエズス会士)で、彼自身オルガン演奏にすぐれており、特に即興演奏にすぐれていた。神学院でオルガニストを務めていた筆者は、大いに興味を抱いたものだった。彼は「ブルックナーの即興演奏について(オルガン)」という一文をイエズス会誌に載せていたが、ブルックナーはかの神父には親しい存在なのだと筆者は捕らえていた。当時の筆者にはブルックナーは、捉えようのない音楽に思えたし、保守的な作曲家だとも当時強く感じていた。その点もゲッペルト師とも共通している。さて、ブルックナー自身が作品番号をつけたミサ曲は下記の通りである。これ以外にも「レクイエム」などがある。

   ブルックナーのミサ曲
曲名 編成 作曲年
ミサ曲ハ長調WAB25 アルト独唱、2ホルン、オルガン  1842年
ミサ曲第1番ニ短調WAB26 独唱、合唱、管絃楽・オルガン 1864年=第1稿、改訂1876年=第2稿、改訂1881-82年第3稿
ミサ曲第2番ホ短調WAB27 混声8部合唱、菅楽合奏 1866年=第1稿、改訂1876年=第2稿、改訂1882年=第3稿
ミサ曲第3番ヘ短調WAB28 独唱、合唱、管絃楽・オルガン 1867-68年=第1稿、改訂1876年=第2稿、1877年=第3稿
荘厳ミサ曲変ロ短調WAB29 S,A,T,Bsと混声4部合唱、管弦楽 1854年 
レクイエム ニ短調WAB39  S,A,T,Bsと混声4部合唱、管弦楽・オルガン 1848-49年=第1稿、改訂1892年=第2稿

 さて、「ミサ曲第2番」は、リンツの新しい大聖堂献堂式のために1866年8月から11月にかけて作曲された。しかし、大聖堂建設の完成が遅れたため、初演は1869年となった。なお、1882年に改訂版が作成されている。初版の初演は1869年9月25日、リンツ大聖堂敷地内の野外でブルックナーの指揮により行われた。改訂版の初演は1885年にリンツで行われた。このミサ曲は混声8部合唱と管楽合奏(小編成の管楽アンサンブル:オーボエ2、C管クラリネット2、ファゴット2、F管ホルン2、D管ホルン2、C管トランペット2、トロンボーン3)という、興味深い編成をとっている。のちにブルックナーはオルガンを加えた版を作成したようだが、現在では管楽合奏のみのものが一般的である。



ブルックナー ロマン派の概念 ロマン派の音楽 後期ロマン派 ロマン派年表
エッセー目次⇒



音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表