制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2000年2月記


CD POCG-10243〜4

J.S.バッハ 「無伴奏チェロ組曲(全曲)BWV.1007〜1011」

ミッシャ・マイスキー(vc)

録音:1999/7/8  発売:1999/12/22  



バッハ没後250年
無伴奏の世界



 今年はドイツの作曲家バッハ(1685-1750)の記念年である。この偉大なる人物を顕彰して、いろんな催しが世界中で行われている。ディスクの世界でも新録音や旧録音の名演奏が、まとめて出されつつある。音楽史では、バッハの死の年をバロックの終わりとしている。バロック音楽の総合者といわれ、いや中世以後の音楽を総合、総括した作曲家と言っていいであろう。かのベートーヴェンが、「バッハはバッハBach(小川)でなく、メールMeer(大海)である」と、深い洞察と抜群のセンスとをもってバッハを称えたのはそのゆえであろう。

 また、音楽史のなかで確固たる評価をずっと与えられている作曲家は多いが、バッハは別格である。しかも歴代の作曲家、演奏家や音楽学者ばかりでなく物理学者や数学者など、さらに一般の音楽愛好家たちも、こぞってバッハを愛し、賛美を惜しむことがない。また彼の作品群はすべての個人的好みや主観的判断を越えて、美の最高峰と評される。

 今回紹介する「無伴奏チェロ組曲」は、チェロという楽器の枠を越えて弦楽器、いや全器楽の古今名曲中の名曲とされている。話題のチェリスト、マイスキーの演奏はまことに伸びやかで美しい。またこのCDにはWindows95/98対応CD-ROMによるCD-Pluscoreが付いており、パソコンを駆使すれば聴きながら楽譜や資料を検索可能となっている。電脳人間にはうってつけのディスク・セットである。



バッハ バロックの概念 バロックの音楽像 バロック年表 バッハの生涯と功績/ バッハ
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表