制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

1991年6月記


CD P33L-20025

プレイ・バッハ第二集/ジャック・ルーシェ・トリオ」

ジャック・ルーシェ(ピアノ、オルガン)  ピエール・ミシュロ(ベース)  クリスチャン・ギャロ(ドラムス)

録音:1950年代?




ジャズでバッハはいかが?


 クラシック・ファンの人口はそう多くない、いやたいへん僅かだと言えよう。これには色々な理由が考えられるが、ともあれバッハなどというとそういう向きには、益々アレルギーを起こさせてしまうこと必至であろう。そんな人でも喜ぶCDをご紹介しよう。もちろん謹んで!

 このクラシカル・ジャズ奏者ルーシェは、ボーカルを伴なった演奏もする。最新版のCDPOCL1081「ルミエール」バッハでないがバロック・スタイル・ミサ、ボーカル入り)というのも出ている。さて、上記のCDのプログラムであるがオール・バッハ「イタリア協奏曲」(全曲)「2声のインヴェンション」より“第1、13、8、14、15番”「幻想曲ハ短調」、超有名な「トッカータとフーガニ短調」平均律クラヴィア曲集」より7曲が収められている。バッハ・ファンならしぶ〜い名曲ばかりだと直ぐ分かるだろう。だから、クラシックとジャズの両方の愛好者から満足いくのではないかと思う。おもしろいかと問われると、もちろんと答える。筆者はオリジナルをほとんど弾いたり、または分析研究したものばかりだから、たいへん楽しめる。さっそく次週にこのCD「インヴェンション第一番」(今週の授業でこの原曲分析をしたので)を学生たちに聴かせてみるつもり。とにかくルーシェのバッハに対する愛と深い理解には、脱帽である。この季節になると暑いので帽子は被らないが(小生には必要、アハハ。ルーシェは、フランスのジャズ・ピアニストであり編曲者。ここではピアノ、ベース、ドラムのトリオで演奏したクラシカル・ジャズ様式(?)となっている。



バッハ バロックの概念 バロックの音楽像 バロック年表 バッハの生涯と功績/ バッハ
エッセー目次⇒



音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表