制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2008年10月記


CD FOCD9358

A.スカルラッティ 「アリア集」

嶺 貞子(S)
アンリエット・ピュイグ・ロジェ(@-Ecemb、F-Kp)


@ 貴女が私の死の栄光を
A すみれ
B 心の乱れを
C 貴方は黙っているのですね
D 胸の中で心の輝くのが感じられます
E やめなさい、稲妻よ
F 愛しい人の奥津城よ
G あの瞳は、ああ神様
H 行って、悩んで…
I 貴方を愛するのが罪ならば
J いとしい絆よ
K フロリンドが誠実ならば
 
録音:1987/1/22石橋メモリアルホール  発売:2008/8/21


アレッサンドロ・スカルラッティをご存知?!


 アレッサンドロ・スカルラッティAlessandro Scarlattiイタリア(1660-1725)は、バロックの偉大なる作曲家の一人である。チェンバロ・ソナタで有名なドメニコ・スカルラッティ(1685-1757)の父であるが、その生き方と音楽は大きく異なる活躍をした。
 
 アレッサンドロはナポリ楽派の代表者の一人で、特にオペラにおいて大きな功績を残した。かのモンテヴェルディ以来のオペラを総合し、後のイタリア・オペラに大きな足跡を果たした。約115曲あるオペラなど劇音楽や室内カンタータ約800曲は、特筆すべきことであろう。今も知られているイタリア風序曲やダ・カーポ形式のアリア、多種な形をもつレチタティーヴォの発展は、アレッサンドロ・スカルラッティによっているといっても過言ではない。

 さて、今回紹介するプログラムは、すべてオペラのアリアである。多くの曲は声楽を志す人が教材としても選ばれる作品ではある。だが、作品としての質の高さは、学習教材に用いられる目的とは全く関わりがなく、誤解も生んでいるのが惜しまれる。優れた演奏による美しい音楽を、心静かに味わって欲しいものである。



A.スカルラッティ バロックの概念  バロックの音楽像  
エッセー目次


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表