制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表



オペラ「狂気のオルランド Orland furioso
RV727


 ントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディAntonio Lucio Vivaldiイタリア(1678-1741)




<ヴィヴァルディのオペラ>



 1637年からヴェネィアでは、西欧初の公共の劇場が生まれた。そもそもヴェネツィア共和国において王侯による宮廷というものがなかったためであろう。貴族は存在したが、トップは総督であった。そのためかどうしても劇場は、一般民衆中心で大衆的な性格も濃くなった。騒がしい雰囲気中で桟敷では食事の出前があったり、カードをしたりという風だったという。人の気をひくために、大仕掛な舞台や印象の強い音響が必要であった。
 当時のヴェネツィアの聴衆の様子を示す証言が多くある。一口で言えば、行儀が悪いが優れた聴衆であった、という。舞台の内容は虚構であるのに彼らはのめり込み、大いに笑い拍手喝采し、声をあげて反応を示した。悲劇であろうと喜劇であろうとよい舞台には、大きなリアクションを示した。これはオペラの作曲者には大きな力となったようである。こうして観客がすぐれたオペラの作曲者を育てていくことになる。

 音楽史の目で見るとヴィヴァルディVivaldiイタリア(1678-1741)は、バロックにおいてヴェネツィアを音楽の一流国として決定づける役割を果たした一人であった。その功績は周知のことであるが、オペラを約52曲作曲している。本人は94曲と記しているが、今のところ明らかではない。そのうちスコアが残っているのは24曲ほどで、そのうち手稿から校訂されて演奏可能なのは18曲である。ヴィヴァルディのオペラは現在上演の機会も少なく、彼の他の分野の作品群の偉大さの陰に隠れている感は否めない。正直なところヴィヴァルディのオペラを観ようにも観る機会がないのが現状である。考えてみれば彼の有名な器楽曲も、20世紀に入って復活上演されたばかりであった。20世紀後半からヴィヴァルディのオペラが復活し始めた。ヴィヴァルディはバロック・ブームのトップを飾り続けてきたが、まだまだ今の段階ではヴィヴァルディの全貌を知るに至っていない。今後の研究の成果を待たねばならないであろう。



<「狂気のオルランド」について>


 このオペラ「狂気のオルランド」の18世紀以来の20世紀復活上演は、1978年ヴェローナで行われた。この曲の原型は、当時のヴェネツィアのオペラの常として全曲の上演に5時間ないし6時間を要する長大なものだった。ここで紹介するディスクの演奏は2時間20分位に短縮再構成されている。ヴィヴァルディの他の作品から1曲を3幕の見せ場(オルランドの狂乱の場)の冒頭に加えたりもしている。

 この「オルランド」は妖気漂う魔女や錯綜した多数の人物たちが多数登場し、にぎやかに展開する。魔法あり、英雄的物語や喜劇的要素の混ぜ合わせた台本であった。これもヴェネツィア的な趣向で、台本はブラッチオーリによっている。1727年秋、サンタンジェロ劇場で初演された。

 この題材はルドヴィーコ・アリオストLudovico Ariostoイタリア(1474-1533)叙事詩「狂気のオルランド」1516年に基づいている。17世紀から19世紀にいたるまで多くの作曲家によってオペラ化されてきた。物語はシャルルマーニュ大帝(在位768-814 フランス)の甥の若き武将オルランド(ローランド)の話である。彼はダッタン王の娘アンジェリカに夢中であった。だが、サラセンの王子メドーロの出現で窮地に立たされるが、アンジェリカとメドーロの結婚で幕は降りる。オルランドもこれを認め、祝福する。このようにエキゾチックで異教的な人物像が交差する話は、ヴェネツィア人の心をさぞ捉えたことだろう。国際的なヴェネツィアに住む彼らにとってこれらの登場人物は、ダッタン人(モンゴル民族の一つ)以外は日常的に見聞きする人種であり民族であった。



<物語


魔女アルチーナの魔法の島


第1幕


 魔女アルチーナは美しく姿を変えて、この島に踏み込んで来る若者を獲物にするために魔法をかけていた。かくしてアルチーナの島に次々とオペラの登場人物たちが、迷い込んでくるのである。

 主人公の武将オルランドは、アンジェリカに求愛している。だが、アンジェリカは最愛のメドーロの死を嘆き、気もそぞろだった。そこへ難破した船から逃れて来た死んだはずのメドーロが現れたのであった。オルランドが恋仇のメドーロを殺そうとするが、魔女のアルチーナが現れ、メドーロとアンジェリカは兄妹と嘘をついてオルランドからメドーロの命を救った。

 魔女のわるさはこれだけですまない。次に島に来た若い兵士ルッジェーロを誘惑し、魔法で自分に夢中にさせる。そこへ彼の婚約者ブラダマンテがやって来るが、魔法をかけられた彼は気がつかない。怒ったブラダマンテは、自分の持っている魔法の指輪で魔女アルチーナの魔法を解き、そして立ち去って行った。


第2幕


 ブラダマンテと魔法から元に戻ったルッジェーロは再会し、愛を確かめ合う。一方アンジェリカはメドーロに、オルランドから逃れる策を打ち明け、二人は愛を誓う。アンジェリカは現れたオルランドに、永遠の若さが得られる魔法の水を魔女アルチーナから奪って来るよう頼む。その水を恐ろしい怪物が番をしていたからである。策略とは知らないオルランドは、洞窟に降り怪物と対決する。すると洞窟から声がして「おまえは魔女アルチーナにだまされている」と告げられる。さらに「メドーロとアンジェリカは兄妹でない」と告げるのであった。オルランドは真実を知り、その場を必死で逃げ出した。

 一方、森の中でメドーロとアンジェリカの結婚式が行われていた。魔女アルチーナはその場を見ていたが、彼女はルッジェーロをブラダマンテに奪還され、嘆いていた。新婚のメドーロとアンジェリカの二人は、森の木々に自分達の名前を彫りつけていた。そこへ何も知らないオルランドが現れた。そしてオルランドは、メドーロとアンジェリカの二人が結ばれたことを見て、絶望のあまり正気を失ってしまった。


第3幕


 
気のふれてしまったたオルランドの運命をルッジェーロ、兵士アストルフォ、アルダリコは嘆いていた。彼らは魔女アルチーナに復讐しようと計画を立てる。男に変装したブラダマンテは、アルダリコと名を変えていた。

 一方、魔女アルチーナは、ルッジェーロが見つかるようにと神々に祈っている。そこへアルダリコ
(実はブラダマンテ)が現れると魔女はそれとは知らず、またもや魔女アルチーナはアルダリコに恋をしてしまう。

 狂気状態のオルランドが登場して、アンジェリカの裏切りをののしっている。これを見た一同は心動かされ、アンジェリカも深く後悔し涙を流す。オルランドは、神殿のメルリン像のことを愛するアンジェリカと思いこみ、声をかける。オルランドの声で恐ろしい怪物が目を覚まし、オルランドと怪物の格闘になる。怪物はついに倒され、オルランドも気を失ってしまう。その時、ついに魔法が解けたのである。そして魔女アルチーナの王国も魔術も崩壊してしまった。

 敗れた魔女アルチーナが現れ、気を失ったオルランドを殺そうとするが、ルッジェーロに阻止される。追い打ちをかけるようにアルダリコは、「実は自分はブラダマンテで、おまえに復讐を企てている」と、魔女にに告げる。魔女と仲のよかったはずのアンジェリカとメドーロは、ただただ傍観していた。魔女アルチーナは仕方なく立ち去ることにした。その時アルチーナは、地獄の神々に復讐を誓った。

 正気に戻ったオルランドのことを、友人たちは喜び合った。オルランドは、ここでやっとアンジェリカとメドーロの結婚を認め、二人を祝福する。めでたし、めでたし。





参考ディスク

LD PILG-1127「オルランド・フリオーソ」
ベーア指揮、ピッツィ演出、サンフランシスコ・オペラ管弦楽団、合唱団
収録:1989年サンフランシスコ・オペラ



★ ヴィヴァルディの作品


2001-2016          


音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表