制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 古代目次 作曲者別作品表 時代別作品表



古代ローマA:共和政時代



 BC510年からBC27年までの、イタリア半島の一都市国家から地中海の全域に属州を持つ帝国となるまでの期間を共和政時代という。政治は元老院政務官を中心として行われていたが、民会などで一般ローマ市民の意思も充分反映されていたという。

 
元老院senatusは古代ローマの政治機関として機能していた。執政官の諮問機関で、実質的には外交や財政などの重要な決定権をもっていた。それはローマ国家を指して<元老院とローマ市民 Senatus Populusque Romanus>といわれていたし、演説などでの冒頭の呼びかけとしても用いられた。またイニシャルでSPQRと表す。この語句によって元老院が世によく知られた存在であったことが分かる。元老院議員の身分は終身であり、新たに元老院議員となるためにも元老院議員の家系一族の出であることが大切で、有利でもあった。そのため元老院議員たちは特権階級として力があり、ローマ国家の重要要員であったのである。
 
 
パトリキpatricii階級が元老議員や執政官を独占していた。パトリキは古代ローマ社会の上流階級、富を受け継ぐ者、選ばれた者としての誇りと義務もあった。ローマ市民全体から見れば少数派である。ローマの階級の上級の2つを殆どをこのパトリキが占めていて、パトリキが政治的に有利な構造となっていた。今現在のコンセプトでは貴族階級といってもいいかもしれない。

 プレブスplebs階級はパトリキと対比され、中流以下の階級を指していた。平民。だが共和政後期から、その意味は次第に薄れていく。←今現在のコンセプトでは平民階級とでもいおうか。

 護民官tribunus plebisはBC494年にプレブスを保護するために創設された。プレブスのみが就くことができる公職である。



 ローマ法の一つであるがユリウス市民権法Lex Iulia de Civitate Latinis Dandaが、BC90年成立した。執政官ルキウス・ユリウス・カエサルが提出した法案であった。ルビコン川以南のイタリア人すべてに、ローマ市民権を付与するというものであった。



<共和政初期>


 ルキウス・ユニウス・ブルートゥスによる王政打倒から、イタリア半島の中部と南部に共和政の力が及ぶ頃までの時代を、共和政初期とされる。政治的にはパトリキpatriciiプレブスplebsの身分闘争とその決着が知られている。この時期にはプレブスが行政を司ることは禁じられてはいなかったのに、パトリキが独占していた。また神官職はパトリキのみとされていた。



<共和政中期>


 ポエニ戦争(BC264-BC146)から、グラックス兄弟の改革による政治的混乱起こる頃(BC121年頃)までを、共和政中期という。

第1次ポエニ戦争(BC264-BC241)シチリアのアグリジェント
                    アフリカのカルタゴ 
シチリアめぐる戦争

 戦争の主力が貴族による騎兵から市民による重装歩兵に移ると、パトリキの地位は低下した。それをひきかえに有力プレブスの国政への発言力が増加していく。さらに度重なるローマの領土拡大戦争において、パトリキは多くの人的資源を失っていった。しかし、プレブスは段階的に政治的権力を獲得し、裕福な者は元老院議席を世襲するまでになっていく。こうして減少したパトリキと資産を増やした有力ブレブスによって形成された元老院の世襲パトリキノビレスnobilesと呼ばれた。このノビレスが共和政中期から共和政後期にかけて、ローマ興隆の屋台骨となった。これに対してノビレス以外の出身のパトリキは、ホモ・ノヴスHomo novusと呼ばれた。



共和政後期


 センプロニウス氏族グラックス家に生まれたグラックス兄弟、ティベリウス・センプロニウス・グラックスとガイウス・センプロニウス・グラックスの二人=グラックス兄弟は、共に共和政ローマ末期、政治家としてローマの改革に着手したが、元老院の反発に遭い失敗に終わった。グラックス兄弟以降の政治的混乱に始まる内戦から初代皇帝アウグストゥス(BC64-BC14)による帝政の樹立までの期間を、共和政後期という。ガイウス・マリウスGaius Marius(BC157-BC86)の軍制改革やルキウス・コルネリウス・スッラLucius Cornelius Sulla Felix(BC138-BC78)の独裁、グナエウス・ポンペイウスGnaeus Pompeius Magnus(BC106-BC48)の台頭、三頭政治を経てガイウス・ユリウス・カエサルGaius Iulius Caesar(BC100-BC44)の時代となる。

「ポンペイウス 「カエサルクストゥー(1658-1733)制作
ルーブル美術館所蔵MR1798

 共和政も後期になると富と権力を増したプレブスが現れ、従来のパトリキと融合したノビレスという階級が現れる。一方で貧困に喘ぐパトリキの者も出てくるなど両者を分かつ定義は曖昧となる。

 オプティマテスOptimatesポプラレスPopularesの対立も起こる。オプティマテスは共和政後期の元老院の主流派であり、保守派といえる。ポプラレスは特定の政治上の一派である。ポプラレスたちの支持基盤は台頭目覚しいプレブスを中心としている。ポプラレスは特奴隷の労働力に依存する当時の社会を是正するために、自由ではあるが貧しい市民の社会保障や雇用に力を入れた。とくに貧しい階層には無料でパンを配布などを行い、それは自らの政治活動でもあり、貧者への救済活動であった。ポプラレスはローマ市民権を持つ自由民には人気が高かったが、既存勢力である元老院とは対立関係となった。そのためポプラレスは元老院に対抗する政治的な権力として、護民官をしばしば活用する。この護民官はBC494年にプレブスを保護する目的で、創設された古代ローマの公職である。プレブスのみが就くことのできる公職であり、進退不可侵権などの特権をもっていた。



クレオパトラZ


 クレオパトラZフィロパトル(BC70年-BC30)は、古代エジプトプトレマイオス朝最後の女王であった。父はプトレマイオス12世アウレテス、母はクレオパトラYであり、姉弟はベレニケW(姉)、アルシノエ4世(妹)、プトレマイオス13世(弟)、プトレマイオス14世(弟)が知られる。クレオパトラの語意はギリシャ語で「父の栄光」を意味する。

「イシス神にいけにえを捧げるクレオパトラ
エジプト、アレクサンドリア美術館所蔵 2008・3/3制作者撮影
「クレオパトラエジプト、コム・オムボの神殿 2008・3/1制作者撮影




クレオパトラZ
――カエサルとの出会い



 BC48年9月、ポンペイウスを追い討つためエジプトへ入ったカエサルは、アレクサンドリアで両共同統治者を呼び寄せた。それはBC51年、クレオパトラが18歳の時にプトレマイオス12世は死去し、父王の遺言及びプトレマイオス朝の慣例に従って、兄弟で最も年長であったクレオパトラが弟プトレマイオス13世と結婚し、共同で王位に就いていたのである。クレオパトラは自らを寝具袋にくるませ、カエサルのもとへ贈り物として届けさせたと伝えられている。こうしてクレオパトラはカエサルの愛人となり、カエサルは両者姉弟の和解に尽力する。プトレマイオス13世側がカエサル軍を攻撃したため、カエサルはローマから援軍を得て、プトレマイオス派を制圧した。そしてプトレマイオス13世(クレオパトラの弟)をナイル川で溺死させた。

 プトレマイオス13世の敗死後、クレオパトラZはもう一人の弟プトレマイオス14世と結婚して共同統治を再開した。BC47年、女王はカエサルの子カエサリオンをもうけた(このカエサル父親説は異論もある)。プトレマイオス14世とクレオパトラの共同統治は、カエサルの後ろ盾を得てうまくいっていた。
 BC46年、カエサルは10年間の独裁官に任命された。これはローマの公職で、あらゆる領域に及ぶ強大な権限をもつ政務官である。国の非常事態に際して1人のみ任命され、カエサルの凱旋式はローマで挙行された。これに伴いその頃クレオパトラは、カエサリオンとともににローマにやって来る。そしてカエサルの庇護の下にローマで滞在していた。だがBC44年、共和派によりカエサルが暗殺され、クレオパトラはカエサリオンを連れてエジプトに帰国した。



クレオパトラZ――アントニウス


 クレオパトラは嫡子のいないカエサルの後継者に、自分の子カエサリオンを望んでいた。だがカエサルは、庶子カエサリオンを後継者に指名しなかった。BC46年、カエサルは甥で養子ガイウス・オクタヴィウス・トゥリヌスGaius Octavius Thurinus(BC63-BC14)を後継者にと遺言書を遺していた。クレオパトラのエジプト帰国前後に、名目上の共同統治者であったプトレマイオス14世が死亡する(死因不明、クレオパトラによる毒殺説もある)。クレオパトラは幼い息子カエサリオンを共同統治者に指名し、プトレマイオス15世とした。

 BC42年、クレオパトラはフィリッピの戦いで、三頭政治側ではないマルクス・ユニウス・ブルートゥスら共和派を支援した。しかし、共和派は敗北した。クレオパトラは三頭政治の一頭マルクス・アントニウスMarcus Antonius(BC8-BC30)から出頭を命じられる。クレオパトラは逆にアントニウスを自らの宴席へ招待し、アフロディーテのように着飾り、アントニウスを誘惑したという。 アントニウスはエジプトに近接するシリアなどの東方地域に力をもち、クレオパトラと関係をもつことは、アントニウスにとても有利であった。 

「アントニウス」
ヴァティカン美術館所蔵
「若きオクタヴィウス」 BC30年頃制作
ローマ、カピトリーニ美術館所蔵


 エジプトと同盟したアントニウスは、妻オクタヴィア(オクタヴィアヌスの姉)と離婚し、クレオパトラと結婚した。その後、2人の間にはBC39年に男女双子のアレクサンドロス・ヘリオスとクレオパトラ・セレネが、BC32年には、さらに男の子プトレマイオス・フィラデルフォスが誕生した。エジプトのアレクサンドリアで凱旋式を挙行したり、ローマを忘れ去ったかのようにするアントニウスにローマ市民は失望した。そしてアントニウスと決戦を望んでいたガイウス・オクタヴィウス・トゥリヌスGaius Octavius Thurinus(BC63-AD14)を支持するようになった。最終的にオクタヴィウスがアントニウスに宣戦布告し、ローマ対エジプトの戦いとなった。




クレオパトラZ――クレオパトラの死


 BC31年クレオパトラアントニウスによる連合軍と、オクタヴィウスが率いるローマ軍が、ギリシャのアクティウムで激突した。この海戦中にクレオパトラは戦場を離脱した。これがアントニウス軍の敗北へと繋がってしまう。敗れたアントニウスはエジプトに帰還するクレオパトラの船を追うが、アントニウスも軍を離れて逃亡する。
 アントニウスはクレオパトラの死の知らせを受け、これは誤報であったのに自殺を図ってしまう。アントニウスは瀕死の状態でクレオパトラの所へ送られ、息を引き取った。クレオパトラ自身はオクタヴィウスに屈することを拒み、忍ばせもっていた毒蛇コブラによって自殺したという。
 エジプトを征服したオクタヴィウスは、BC30年カエサリオンを殺害してプトレマイオス朝を滅ぼす。エジプトを皇帝直轄地としてローマに編入した。ちなみにクレオパトラがアントニウスとの間にもうけていた他の子供達は、アントニウスの前妻であるオクタヴィアに預けられる。オクタヴィウスの親戚として遇された。

 
因みにアントニウスを敗北させたオクタヴィウスは、
初代皇帝インペラトール・カエサル・ディヴィ・フィリウス・アウグストゥスImperator Caesar Divi Filius Augustusとなる人物である。




 
古代ローマB:帝政時代


2008-2016

音楽サロン表紙 目次 古代目次 作曲者別作品表 時代別作品表