制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表



オペラ「ランメルモールのルチア
Lucia di Lammermoor

 ガエターノ・ドニゼッティGaetano Donizettiイタリア(1797-1848)


<作曲の経緯>


 ドニゼッティDonizettiイタリア(1797-1848)オペラ・セーリア「ランメルモールのルチア」は1835年春から初夏にかけて作曲された。初演は同年9月26日にナポリ、サン・カルロ劇場で初演され、異例の大当たりをして同劇場の破産を救ったという。ドニゼッティ50作目のこのオペラは、37歳の時の作品である。この時すでに彼はヨーロッパで名声を得ていた。

 オペラ「ランメルモールのルチア」の原作は、イギリスのウォルタ−・スコットWalter Scottイギリス(1771-1832)「ラマ−ムーアの花嫁」で、これを基に台本をサルヴァトーレ・カンマラーノSalvatore Cammaranoイタリア(1801-52)が執筆した。ランメルモール、すなわちラマームーアは、英語でスコットランド南東部にあるラマームーア丘陵のことを意味している。この小説は当時有名だったため、19世紀終りまでにこの物語を題材にしたオペラの数は計り知れない。この物語は、1669年8月12日に実際に起こった史実に基づいている。


<物語>


時と所:17世紀末、隣家同志でスコットランド名門レイヴンズウッド家とランメルモール家は、親の代から敵同士であった。現当主であるランメルモールのエンリーコとレイヴンズウッド家のエドガルドはもちろん敵同士であった。ルチアはランメルモールのエンリーコの妹であったが、敵方エドガルドと密かに愛し合い、結婚の約束を交わしていたのであった。


第1幕
第1場 ランメルモール城の荒れ果てた庭園

 すでにルチアとエドガルドの仲は、お互いの一族から疑われていた。そうした中、ルチアの兄エンリーコは、ルチアと同盟の家系であるアルトゥーロとを結婚させようと話を進めていた。エドガルドを愛するルチアは、当然のことながらこの結婚を拒んでいる。

第2場 レイウィヴンズウッド城内の泉のほとり

 ルチアは侍女はエドガルドの城内の泉のほとりに出向き、愛するエドガルドを待っていた。ルチアの前に現れたエドガルドは、「ルチアの兄エンリーコと会って両家の争いに終止符を打ち、二人が結婚できるようにするつもりだ」と、ルチアに告げた。しかし、兄の気性を知るルチアは、それを制止する。



第2幕
第1場 ランメルモール城の控えの間

 エンリーコは、妹ルチアと強制的にもアルトゥーロを結婚させてしまおうと、部下と話し合っている。そこへルチアが現れると兄エンリーコは、エドガルドが不実であることを示す偽の手紙を彼女に見せた。彼女は激しく動揺する。兄は追い打ちをかけて家のためにと、結婚を迫った。ついに承諾してしまうルチアであった!

第2場 ランンメルモール城の大広間

 ランメルモール城では盛大な結婚式が行われている。花嫁ルチアが結婚誓約書に署名しようとしていた。その時、エドガルドが入って来た。自分こそ真の花婿だと告げるためであった。エドガルドと花婿アルトゥーロは剣を抜き、あわや流血の惨事が起ころうとする。その時、エドガルドは、ルチアが署名した結婚誓約書を見せつけられる。エドガルドがルチアに問いただすと、呆然とした彼女は、結婚の肯定を示す「はい」を思わず言ってしまう。怒り狂ったエドガルドは彼女の指から誓いの指輪を抜き取り、呪うのであった。ルチアは混乱と悲しみで、倒れ崩れてしまう。


第3幕
第1場 大広間の祝宴

 その時、ライモンドは、発狂したルチアが新婚の床で花婿を刺し殺したと、告げる。そこへ花嫁衣装を血に染めたルチアが、振り乱した姿で現れる。そしてふらふらしながらエドガルドと会った愛の日を語り始める。(狂乱の場:“あの方の声の優しい響きがIl dolce suono”)兄エンリーコが駆け込んで来るが、妹の哀れな姿を見て唖然とする。ルチアはその場で気を失ってしまう。

第2場 エドガルドの先祖の墓の前

 レイヴンズウッド城領主エドガルドは、ルチアの不実を嘆き悲しんでいる。決闘を挑んできたエンリーコを待っている。ランメルモール城から出てきた婚礼の賓客たちが現れ、瀕死のルチアが、エドガルドの名を呼んでいると告げる。彼女の所へ走って行こうとするエドガルドの前にライモンドが現れ、ルチアは死んだと告げられた。そしてまもなくルチアの棺台が運ばれて行く。エドガルドは自らの胸に刃を立て、ルチアを追って果てるのであった。





参考ディスク

DVD PIBC-2019「ランメモールのリチア」(発売:2001/6/22)

ルチャード・ボニング指揮
ブルース・ドンネル上演演出
カーク・ブローニング映像監督
メトロポリタン歌劇場管弦楽団・合唱団

ルチア
エンリーコ
エンリーコ
ジョーン・サザーランド(S)
パブロ・エルヴィラ(Br)
エドガルド:アルフレード・クラウス(T)

ライモンド:ポール・ブリシュカ(Bs)

収録:1982年メトロポリタン歌劇場ライヴ 

☆ 最盛期を過ぎてはいるもののサザーランドの正統的コロラトゥーラ・ソプラノが記録されている。
これは後世の範となるだろう。貫禄ある舞台姿はたいへん興味深い。



★ ドニゼッティの作品


2001-2017


音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表