制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 中世目次 作曲家別作品表 時代別作品表


グレゴリオ聖歌「アヴェ・マリア Ave Maria


フラ・アンジェリコ(c.1935-1455)「神のお告げ」  制作:1432-34年、イタリア、コルトーナ教区立美術館所蔵

 上記の絵は、まさしく「アヴェ・マリア」の文言を視覚化したものである。筆者はコルトーナを訪れこの絵を観て、大きな感動を得た。その時以来、フラ・アンジェリコ一押しの作品となった。天使ガブリエルのマリアへのことばルカ1・28とエリザベトのマリアへの祝詞ルカ1・42のことばが、天使ガブリエルの口から出ている。




<アヴェ・マリアの祈り>


 
アヴェ・マリアの前半部分は、天使ガブリエルのマリアへのことばルカ1・28とエリザベトのマリアへの祝詞ルカ1・42によって構成されている。7世紀の初めから前半部分の「アヴェ・マリア」が待降節第4の主日の奉納唱に用いられていた。これが現存する最も古いグレゴリオ聖歌による「アヴェ・マリア」と考えられている(下記の歌詞前半4行目まで)

 現在の後半部分も加わった詩は、おそらく1440年頃シエナのフランシスコ会士ベルナルディヌスによるとされている。またこの全文によるグレゴリオ聖歌は、この頃に作曲されたと思われる。またそれ以後ルネサンスからどの時代でも様々な「アヴェ・マリア」の名曲が生まれていることは周知の通りである。グレゴリオ聖歌の「アヴェ・マリア」は複数あるが、このテキスト前半部分による「Ave Maria1)は最古のアヴェ・マリアの一つである。7世紀以後頃作曲とされている。




                                     日本カトリック教会公式訳(2011年6月14日

Ave Maria1), gratia plena,
Dominus tecum:
benedicta tu in murieribus,
et benedictus fructus ventris tui, Iesus.

Sancta Maria, Mater Dei,
ora pro nobis peccatoribus,
nunc et in hora mortis nostrae.

Amen.
アヴェ、マリア1)、恵みに満ちた方、
主はあなたとともにおられます。
あなたは女のうちで祝福され、
ご胎内の御子イエスも祝福されています。

神の母聖マリア、
わたしたち罪びとのために、
今も、死を迎える時も、お祈りください。

アーメン。 

 現存する最古と思われる聖歌「アヴェ・マリアAve Maria」は、下記の通り。前半部分、つまりルカ福音書1・28と1・42である。この聖書の箇所に後半部分が後世につけ加えられた。中世後期頃と考えられている。







<ルカ福音書1・28.
 Ave Maria,




 gratia, Do-



         <ルカ福音書1・42> 
 -minus tecum: benedicta tu in






 mulieribus, et benedictus fructus




 ventris tui.



[注]


1)
 原語はギリシャ語「ハイレXaire」(ルカによる福音書1:28)である。ラテン語「Aveアヴェ」は、「Salveサルヴェ」と同じ意味の挨拶となる呼びかけ語である。「今日は!」や「お元気ですか?」では祈りにはそぐわない。古くは「めでたし」が当てられていた。「Aveアヴェ」は動詞「aveo元気である」の命令形である。直訳すれば「元気でいなさい、マリア!」となる。2011年の口語訳による日本カトリック教会公式訳は、原文のまま「アヴェ、マリア」としている。




<旧邦文・アヴェ・マリア>


 
日本カトリック教会では上記の2011年訳ができるまで、下記の文語体文がアヴェ・マリアの祈り「天使祝詞」として用いられていた。


Ave Maria, gratia plena,
Dominus tecum:
benedicta tu in murieribus,
et benedictus fructus ventris tui, Iesus.

Sancta Maria, Mater Dei,
ora pro nobis peccatoribus,
nunc et in hora mortis nostrae.

Amen.
めでたし、聖寵充ち満てる2)マリア、
主 御身と共にまします。
御身は女のうちにて祝せられ、
御胎内の御子イエス3)も祝せられう。

天主の御母 聖マリア、
罪人なるわれらのために、
今も臨終の時も祈り給え

アーメン。 



[注]


2) 「充満てる」を「充ち満てる」に制作者の判断により替えさせていただいた。

3)
 日本カトリックはイエズスを長く用いてきたが、現在は「イエス」と変えている。


★ グレゴリオ聖歌


2004-2020


音楽サロン表紙 目次 中世目次 作曲家別作品表 時代別作品表