制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2022年3月記b


DVD 2110711(Naxos)

ザンドナーイ オペラ「フランチェスカ・ダ・リミニ」

カルロ・リッツィ指揮  クリストフ・ロイ演出
ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団&合唱団


フランチェスカ
パオロ
ジョヴァンニ(ジャンチョット)
マラスティーノ
サマリターナ

オスタージオ
ビアンコフィオーレ
ガルセンダ
アルティキアラ

アドネッラ
スマラゲディ
セル・トレド・ベラルデンゴ
吟遊楽人
石弓の射手/死刑囚の声
塔の見張り
サラ・ヤクビアク(S)
ジョナサン・テテルマン(T)
イヴァン・インヴェラルディ(Br)
チャールズ・ワークマン(T)
アレクサンドラ・ハットン(S)
サミュエル・ディル・ジョンソン(Br)
メーチョット・マレロ(S)
マネ・ガロヤン(S)
マリアンナ・マンガネッロ(Ms)
カリス・タッカーレ(Ms)
アミラ・エルマドファ(Ms)
アンドルー・ディキンソン(T)
ディーン・マーフィ(Br)
パトリック・クック
(T)
トーマス・レーマン(Br)

収録:2021年3月14日、17日ベルリン・ドイツ・オペラDeutsche Oper Berlin劇場
(無観客上演)
  発売:2022/2/24 



戦略は悲劇を生み、悲劇は名作を生む



 作曲家ザンドナーイZandonaiイタリア(1883-1944)の1914年作曲、トリノ王立劇場初演のオペラ「フランチェスカ・ダ・リミニ」は、彼の師マスカーニMascagniイタリア(1863-1945)の1年前に上演されたオペラ「パリジーナ」(1913年ミラノ、スカラ座初演)を凌ぐ高い人気を得たオペラとなった。

 さて、<フランシスカ・ダ・リミニ>は13世紀イタリアに実在した女性の名である。ラヴェンナ領主ポレンタ家の娘、父は政敵マラテスタ家との争いを終わらせるため、娘をリミニ領主ジョヴァンニに嫁がせた。しかし、フランチェスカは夫ジョヴァンニの弟パオロと恋に陥る。10年以上も恋愛関係は続いたが、夫ジョヴァンニがフランチェスカの寝室にいた二人を殺すことで、終止符を打った。

 フランチェスカとパオロのこの悲恋物語は、文学、音楽、美術の分野でも題材として多く取り上げられてきた。これが現代に至るまで伝えられる根源となった存在は、フランチェスカと同時代のダンテDanteイタリア(1265-1321)「神曲」(1304-08年頃執筆)[地獄編・第25歌]だった。フランチェスカを登場させ、地獄で永遠に苦しむ姿を38行の詩で描いた。そしてアングルIngresフランス(1780-1867)絵画「パオロとフランチェスカ」(1819年制作)メルカダンテMercadanteイタリア(1795-1870)オペラ「フランチェスカ・ダ・リミニ」(1831年作曲、2016年初演)チャイコフスキーThchaykovskyロシア(1840-93)の管弦楽曲・幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニOp.32」(1876年作曲 )トマThomasフランス(1881-96)オペラ「リミニのフランソワーズ」(1818年パリオペラ座初演)ロダンRodinフランス(1840-1917)彫刻「接吻」原題は「フランチェスカ・ダ・リミニ」、1887年制作)、ラフマニノフRachmaninovロシア(1873-1943)のオペラ「フランチェスカ・ダ・リミニOp.25」(原作ダンテ、台本モデスト・チャイコフスキー、1906年初演)などがある。

 しかして1901年、
作家ダヌンツィオd'Annunzioイタリア(1863-1938)が、ダンテの38行の詩に基づく劇作「フランチェスカ・ダ・リミニ」(1901年)を書いた。これを原作として音楽出版社リコルディの2代目で文筆家でもあったティト・リコルディ(1811-88)が台本を書き、ザンドナーイが1914年にオペラ化したのであった。この悲劇の根源は、現在でいえば抜本的な和解ではなく、無理な道理の通らない戦略にあったということだろう。多くの芸術家がこの悲劇を作品化したのは興味深い。



ザンドナーイ 20世紀音楽の様相 20世紀年表/ 
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表