制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2017年12月記


CD CICC-152

3大テノールのクリスマス〜クリスマス・イン・ウィーン1999

ルチアーノ・パヴァロッティ
プラシド・ドミンゴ
ホセ・カレーラス 

スティーヴン・メルクリオ指揮
ウィーン交響楽団 クンボルツキルヒナー・シュバッツェン少年少女合唱団










10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
 
アダン
ウェイド
ベンヴェヌーティ&パヴァロッティ
ブラームス

作曲者不詳
作曲者不詳
作曲者不詳
バーリン

作曲者不詳
グルーバー
アルバレス
作曲者不詳

レノン&ヨーコ
R.シュトラウス
デイヴィス
作曲者不詳

ギャノン
アンダーソン
バーナード
ドミンゴJR
フェリシアーノ
スタイン
ピアポント
 
クリスマスの歌(オー・ホーリー・ナイト)
神の御子は今宵しも
アヴェ・マリア、優しいマリア
子守歌
もみの木
あなたは空から降りてくる
アメイジング・グレイス
ホワイト・クリスマス
眠れ、幼な子よ
きよしこの夜
祈り(聖母に捧ぐ魂の歌)
スザニ
ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)
子守歌
キャロル・オブ・ザ・ドラム(リトル・ドラマー・ボーイ)
聖母の歌(むつきを濯ぐ聖母)
わが家でむかえるクリスマス
そりすべり
ウィンター・ワンダーランド
新しい世紀
幸せなクリスマス
レット・イット・スノウ
ジングル・ベル

 録音:1999年12月23日ウィーン・コンツェルトハウス、ライヴ  発売:2003/11/19 



クリスマスは楽しく幸せに!


 今年もクリスマスがやってくる。なんといってもクリスマスは楽しく幸せな日。筆者がまだ信仰をもっていなかった子供の時も、楽しくよい日だった。正月もすぐ来るし、冬休みはご機嫌極まりない日々だった。今も気持ちは変わらない(^^)

 さて、この幸せで楽しいシーズンに上記のディスクをおすすめしたい。古い録音だが、パヴァロッティ(1935-2007)は2007年9月6日死去、享年71歳でした。われわれに最後に姿を見せたのは、2006年2月のトリノ・オリンピックの開会式だった。筆者は丁度イタリアにいて、TVでみた姿を思い出す。プッチーニの「誰も寝てはならぬのか(「トゥランドット」第3幕第1場)を歌ったが、後の情報ではあの演奏は1週間前に録音されたものだったという。2月の零下の夜に歌うことは困難を極めるということだった。その6月に膵臓癌が発覚する。どちらにしてもこの大歌手の威厳を見せたおもしろい演出映像だった。歌い終わった瞬間、暗転。意表をついたものであった。オペラ劇場の豪華な舞台と管弦楽も何もかもすべて「金鶏」の第3幕のようにすべてが消え去った。

 ドミンゴ(1941-)カレーラス(1946-)もまだ存命だが、周知の通りすでに声楽家としては第一線からは遠ざかっている。この録音の時も最高とはいえないが、貴重なディスクとなった。クリスマスの喜びを呼び起こしてくれる。
 「クリスマス・イン・ウィーン」は、毎年ドミンゴをホストにジャンルもクロスオーヴァーしたゲストを招いて行われてきた。シリーズ第8回目公演となった1999年は、ついに3大テノールのメンバーが勢揃いとなった。この3人によるクリスマス・アルバムは、これが初めであり最後。聖夜を祝うおなじみの歌がくり広げられ、ウイーン・コンツッェルトハウスに参集した聴衆全体を包み込んでいる。3人からほとばしり出るカリスマによって人々からほとばしり出た喜びが、あふれている。大いにお楽しみあれ。



★ クリスマスの歌
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表