制作者:国本静三

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2011年7月記 


CD ZZT080502

タルティーニ 「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ集」

@ 作者不詳「心嬉しく、きみを抱き寄せよう」
A タルティーニ「ソナタ第17番ニ長調」
B 作者不詳「そしてクロリンダは」

C タルティーニ「ソナタ第24番ニ長調」
D タルティーニ「ソナタ第13番ロ短調」
E 作者不詳「ほどなくエルミニアは」
F タルティーニ「ソナタ イ短調Brainard-A3」

G パオロ・ロッリ「ただひとり、森の中は薄暗い」
H タルティーニ「ソナタ第2番ロ短調」
I タルティーニ「ただひとり、森の中は薄暗い」

パトリツィア・ボヴィ(S):@BEGI
キアラ・バンティーニ(vn):ACDFH

 録音:2006年  発売:2011/5/10




涼を呼ぶ音楽


 今夏は猛暑。3月11日の東日本大震災のあおりを受けた福島第一原子力発電所事故は、相変わらず危機的な状況のままである。日毎に報じられる放射線被害はわれわれを苦しめている。さらに現状況が地球規模においてどんな事態であるかを把握する義務がわれわれにはある。加えて留意しておかなければならないことは、福島原発の存在理由が東京都であるということである。苦しみを負わせている福島の皆様にゆるしを願わなくてはならない。民間と国の話であってこのことは関係のない話とでも思っているのか、石原都知事はそ知らぬ顔をしている。今われわれは日本中で節電の努力をし、頑張っている。被災者にエールをおくり、せめて音楽で心の涼を感じて頂きたいとこのディスクをあげてみた次第である。ほどよい情感と理知的な味わいを有するタルティーニの音楽が、心身ともにわれわれをいやしてくれるであろう。

 バロックの作曲家タルティーニTartiniイタリア(1692-1770)は音楽教育を幼少より受けていた。パドヴァ大学で法律を学び、後にアシジに移りフランシスコ会に入り司祭となる。その後作曲をはじめヴァイオリン演奏家・教育者として活躍を始める。晩年の1750年頃より和声と音響学に関する学術論文を著し始めた。ご紹介する無伴奏ヴァイオリン・ソナタは、近年北イタリアの古都パドヴァの市立図書館から発見された手稿楽譜から選択されている。まだ未出版の作品で、その意味でも真に貴重な存在である。



タルティーニ  バロックの概念 バロックの音楽像 バロック年表
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表