制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2001年3月記


CD WPCS-10646

サン=サーンス
「チェロ協奏曲第1番イ短調Op.33」


ドヴォルジャーク

「チェロ協奏曲ロ短調Op.104」

デュ・プレ(vc)

@バレンボイム指揮  フィラデルフィア管弦楽団
Aチェルビダッケ指揮  スウェーデン交響楽団

録音:1971・67年  発売:2000/12/13



20世紀の遺産
難病に阻まれたチェロの名花



 ジャクリーヌ・デュ・プレは、1945年イギリス生まれの女流チェリスト。よき師と熱烈な聴衆に育まれて非凡なる成長を遂げ、数々の名演で多くの人を魅了した。彼女の熱烈なファンの一人から名器ストラディヴァリウスを、二人目のファンからは同名器の究極ダヴィドフを贈られた! 今回のCDは彼女の最盛期の演奏と最後の演奏となった名演を収めた貴重な記録である。

 彼女の最盛期に演奏したドヴォルジャークの協奏曲は、偉才チェルビダッケと堂々と渡り合っている。美しさと気迫に溢れた演奏である。サン=サーンスの方は、元夫バレンボイムと共演している。この演奏会の少し前にまさに晴天の霹靂ともいうべき多発性硬化症という難病が、彼女の身に及んだ。なんと酷い運命だろう、演奏活動停止が申し渡されてしまったのである。しかし奇跡的になし得た最後のライヴ演奏が,、このサン=サーンスの協奏曲であった。技巧的な衰えを感じさせないどころか、生命感と希望に満ち溢れた演奏は聴く者の胸を打つ。デュ・プレ最大の音楽の理解者、ライヴァル、そして人生の伴侶でもあったバレンボイムとの協演は、共演、いや競演ともいうべきものである。まさにコンチェルト
(イタリア語のコンチェルトconcertoを直訳すれば競争、つまり競争曲となる)、ここにありである。



サン=サーンス ドヴォルジャーク ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ サン=サーンス
エッセー目次⇒



音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表