制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

1992年2月記
LD TOLW-3632

ロッシーニ  オペラ「セミラーミデ」

コンロン指揮
メトロポリタン歌劇場合唱団・管弦楽団
アンダーソン  レイミー他

収録:1992年



ロッシーニ生誕200年
絢爛豪華な舞台!



 「セビリアの理髪師」や「ウイリアム(ギョーム)・テル」のオペラの序曲は、たいへん有名でご存知だろう。ナヌっ!? 知らない? そなんなはずはない、小中の音楽鑑賞曲として取上げられ、耳にしなかった人はいないはずである。聴けば、あ〜そうそうとうなずくこと必至である。このイタリアのロッシーニ(1792-1868)はタダ者ではない。また当時イタリアは音楽の先進国であった。

 イタリアはまた音楽人材の最大の輸出国で、ヨーロッパの中で貿易摩擦
(!)を起していた。そのような中で彼は国際的に活躍し、特にフランスにおいて名声を欲しいままにした。つまりオペラ作家=大作曲家と考えられていた時代で、彼は大オペラ作曲家だったのだ。今回は彼の極め付きオペラをレーザー・ディスクによる最新盤で紹介しましょう。

 
この演目は1世紀ぶりの上演で、8人の主役に超絶技巧が要求されるため、上演の機会が少なく、幻のオペラといわれてきた。演じるのはニューヨークのメトロポリタン・オペラで、それも世界最高の歌手が担当している。ブロードウエイ・ミュージカルのファンもぜひご覧あれ! 豪華絢爛たる舞台には目を見張る。アトラクティヴなロッシーニ・サウンドを堪能されたい。それとハイヴィジョン収録の音声+映像は完成度が高い。オペラを食わず嫌いにしている人は多いが、これでおさらばできること必至だ。ミュージカルのルーツは、オペラなのだからね(^^)



ロッシーニ ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ ロッシーニ
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表