制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2021年11月記


CD KKC-6427

モーツアルト

「アイネ・クライネ・ナハトムジークK.525」
(第1楽章と第2楽章の間に「4つのメヌエットK.601より「第3番ト長調K.601-3」を挿入)

「ディヴェルティメントニ長調K.136」
「ディヴェルティメント変ロ長調K.137」
「ディヴェルティメントヘ長調K.138」

ラ・プティット・バンド
[シギスヴァルト・クイケン (vn)
アン・クノップ (vn)
マルレーン・ティアーズ (vla)
ジェシー・ソロウェイ (cb) ]

ジラール(fl)

 録音:2021/1/25-28コルトレイク  発売:2021/10/31



父の音楽力を受け継ぐモーツァルト


 モーツァルト(1756-91)「セレナーデ<アイネ・クライネ・ナハトムジーク>K.525」は、何ともいえない透明感と生気があふれている。これは父レオポルトから得たシンプル性と生気だと思う。彼にとっては最大の師、特別な父だった。演奏家、作曲家レオポルトは、「ヴァイオリン教程Versuch einer gründlichen Violinschule」を出版(1756年)するほど弦楽器を知り尽くしていた。筆者はこの「セレナーデK.525」(ヴァイオリン独奏編曲版)を愛奏している。これを弾くと自然によい音程と音色が得られるのだ(^^)レオポルトの音楽力が感じられるのである。


          レオポルト

 「セレナーデK.525」はモーツァルト32歳(1787年)に作曲した弦楽合奏曲。ヴィーンですでに結婚し、すっかり父離れしていた。オペラ「ドン・ジョヴァンニ」第2幕作曲中、この年の5月27日にザルツブルクで父が亡くなった。この父こそモーツァルト音楽の根源といえ、すべてを父から学んだのである。モーツァルトは、「セレナーデK.525」について自作作品目録で次のように記している。――《アレグロ、メヌエットとトリオ、ロマンツェ、メヌエットとトリオ、フィナーレ》から成る『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』:ヴァイオリン2(ヴァイオリン2部)、ヴィオラ、バス(bassiと複数形で記す)――。

 セレナーデSerenade独語ではなくアイネ・クライネ・ナハトムジークEine kleine Nacht Musikとモーツァルトはドイツ語に置き換えて記した。筆者はこれを小夜曲と置き換えようか。セレナーデは窓辺で歌う恋の歌から(ex.シューベルト「白鳥の歌」の第4曲「セレナーデ」)、広く夜曲という器楽曲をも含む楽曲形態である。この曲は後者である。わが国ではセレナードと表記されることもあるが、どのヨーロッパ語にも存在しない造語のようだ。語源となるイタリア語はセレナータserenata。ともあれモーツァルトは4楽章形式の弦楽合奏によるソナタ楽曲とした。瑞々しくこれほどシンプルで均整のとれたソナタも希有である。

 クイケンは上記のモーツァルトの記述に従って、第1楽章と第2楽章の間に、管楽器(フルート<ピッコロ>2、オーボエ<クラリネット>2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ、手回しオルガン)弦楽器(ヴァイオリン2、チェロ、バス)編成「4つのメヌエットK.601」(1791年2月5日作曲)から「メヌエット第3番ト長調K.601-3」を選び、弦楽四重奏(ヴァイオリン2、ヴィオラ1、バス1)に編曲し、第2楽章として入れた。これによって全曲が、[アレグロ(第1楽章)]-[メヌエット(第2楽章)-[ロマンツェ(第3楽章)]-[メヌエット(第4楽章)]-[ロンド (アレグロ) (第5楽章)という5楽章構成となっている。これによってディヴェルティメントに近づけている。これがモーツァルトの真意に基づく構想だったのか。さらにクイケンは全曲を弦楽合奏5部から弦楽四重奏編成にした。しかもチェロを省き、コントラバスを使った編成。それでも軽妙さが失われることなく、和声の動きも明確である。それでは皆さんに問題提起。このクイケンに白黒をつけて下さい(^^)



モーツァルト /古典派の概念 古典派の音楽モーツァルト 
エッセー目次⇒

 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表