制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

1992年6月記


CD PHCP-10115(フィリップスCD文庫)

愛のよろこび〜クライスラー名曲集

ボベスコ(vn)  ヘルヴェック(p)



ディスカウント・プリーズ!



 東京の人は総じて値切ることをしない。小生のように正札で買物をするのは罪悪(?)と考える関西人には驚きである。さてさて無駄話はおいておいて、音楽ファンにはうれしいことにCDの値下り現象が6月前後から起り始めている。再販ものの値下げ販売が認められるようになったとか。いいことだね。どんどん認めてね(笑)。いろんなシリーズが出始めた。例えばフィリップスCD文庫は1500円、アルヒーフは2200円、ハルマニア・ムンディは1800円などと一流盤が出てきたのだ! 自称小物お買物評論家の小生の予想では、徐々に最新盤も右に習え現象はまちがいあるまい。イッヒッヒ……。さてさて、そうしたシリーズの佳品をご紹介いたそう。

 このCDはデジタル録音で珠玉の20の名曲が揃っている。クライスラー(1875-1962)はオーストリアのヴァイオリン奏者・作曲家。歴史に残る名ヴァイオリンニストで、多くのヴァイオリンの小品を残した。それらは今でもアンコール用の小曲のベスト・テンである。このCDのタイトルの「愛のよろこび」と対になっている「愛の悲しみ」は、あまりに有名でご存知の方も多いだろう。多くの曲にベートーヴェンの主題によるとかボッケリーニのスタイルよるというように曲名をつけているが、名指しされている方の作品を引用したりしているわけではない。これは彼一流のシャレで、彼のオリジナルばかり。

 ヴァイオリンを演奏しているボベスコは、知る人ぞ知るで幻の演奏家ともいわれた名女流演奏家。1919年にルーマニアで生れ、後にベルギーに帰化した。1980年に初来日したが、それも猛烈な日本のファンの呼びかけに応じたものであった。その美しい音色と気品ただよう演奏で深い感銘を与えた。



クライスラー 20世紀音楽の様相 20世紀年表
エッセー目次


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表