制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2000年3月記


CD TOCE-3550 

ヘンドリックス
 「黒人霊歌集」

 
ヘンドリックス(S)  アレクセーエフ(p)

録音:1983年  発売:1999/12/8



教皇による謝罪の重み


 教皇ヨハネ・パウロU世は2000年3月12日「回心と和解の日」とし、カトリック教会の2000年間の過ちを謝罪する「ゆるしを願うミサを捧げられた。このニュースは全世界に戸惑いを与えつつ、大きな衝撃と深い感動をもたらした。我々も唯々黙してこの教皇に倣い、ゆるしを求めていかなければならないであろう。かく口でいうには易しいが、このことを理解し実行していくのはあまりにも難しい。先ずはこの2千年の歴史を正しく把握するのが第一歩となるであろう。

 今回教皇がゆるしを願ったのは、「一般的な罪」、「真理を求める奉仕における罪」、「キリスト者の一致に対する罪」、「ユダヤ人に対する罪」、「愛・平和・諸文化を尊重しなかった罪」、「女性と少数派の人々の尊厳に対する罪」、「人権に対する罪」などである。

 さて、唐突ですが今回は「黒人霊歌」をご紹介。耳を傾けてみて下さい。ニグロ・スピリチュアルズといわれるもので、アフリカからアメリカに奴隷として連行されて来た人々によって古くより歌われてきた。多くは強制的にキリスト教徒にされた彼らの奴隷としての苦しみ、神への信頼や愛が切々と旧約聖書のことばで歌われている。約束の地へ向かうイスラエルの民の心と、アメリカに移住させられたアフリカの人々の心が共鳴し、共感したのであった。従来の西洋音楽にない独特の旋律は、時空を越えて我々の心を打つ。このCDは“深い川”“ジェリコの戦い”など19曲を収録している。このような魂の音楽に耳を傾け、教皇の意向と我々の心を合わせてみませんか。



★ エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表