制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2021年12月記b 


   
CD ALCDPCS-1195

バッハの源流を求めて――3大Bブクステフーデ、べーム、ブルーンス」


椎名雄一郎(org)

  ディートリヒ・ブクスフーデBuxhude(c.1637-1707)     シャイト
トッカータ ニ調 BuxWV155    キリストは死のきずなにつながれた 
  ザムエル・シャイトScheit(1587-1659)    ベーム 
天におられるわたしたちの父よ SSWV471  キリストは死のきずなにつながれた 
  ブクスフーデ      ニコラウス・ブルーンスBruhns(1665-97) 
わたしたちより取り去ってください。まことの神、主よ BuxWV207    前奏曲 ト調 
カンツォネッタ   ト調 BuxWV171   シャイト  
   シャイト 来てください、異邦人の救い主 SSWV441a 
心から願う SSWV471  異邦人の救い主
  ブクスフーデ  来てください、異邦人の救い主 SSWV441b 
あわれな罪びとのわたしを BuxWV178    ブルーンス  
  ゲオルク・ベームBöhm(1661-1733)     前奏曲 ホ調 
前奏曲  ニ調     
おおいに喜べ、 わたしの魂よ


録音:2018/9/3-7ドイツ、ノルデン聖ルートゲリ教会、シュニットガー(1649-1719)制作オルガン  発売:2021/9/7

*曲名表記は筆者の考えで改めた


バッハの源流となったオルガン音楽


 J.S.バッハBachドイツ(1685-1750)は、教会オルガニストとなった。彼のオルガン作品はたいへんすぐれ、他の分野作品とは異なる個性をもつ。演奏や作曲だけでなく彼の行動も個性的。何よりも優れた音楽家から吸収することには吝かでなかった。

 1703年10代終わりのバッハは、アルンシュタットの新しく出来た教会の初代オルガニストになる。1705年秋、バッハは4週間の休暇を取り、リューベックへ向かう。その目的は聖マリア教会のオルガニスト、大音楽家ブクステフーデBuxtehude(c.1637-1707)の音楽に接するためであった。400kmの道のりを徒歩で出かけたともいわ、この4週間から3ヶ月に休暇を無断で延長した。バッハは、きな影響を受け、パッヘルベルから影響を受けた構築性に加え、ブクステフーデの幻想的かつ劇的な要素が加わった。ブクステフーデの大胆に表現性を、バッハは吸収した。コラールの伴奏に装飾や不協和音を用い、間奏では目もくらむような即興演奏だった。かくして「前奏曲とフーガ ホ長調BWV566」などの名曲を生み出す。

 時を遡って1700年3月15日、友人ゲオルク・エールトマンと北の町リューネブルクへ行く。この二人はミカエル教会からは聖歌隊員となり、教会付属高等中学校からは給費生として迎えられた。聖歌隊ではボーイ・ソプラノで有能ぶりを発揮したが、まもなく変声期を迎え、このことがオルガンへの興味を目覚めさせたようだ。この町のヨハネ教会に ベームBöhm(1661-1733)という優れたオルガニストがいて、バッハは影響を受けた。それは「前奏曲ハ短調BWV549」などに見い出せる。

 17世紀ドイツ・バロック音楽最大の作曲家・オルガニストの一人であったブルーンスBruhns(1665-c.97)は、ブクステフーデの弟子で最も優れた弟子だった。 コペンハーゲンの宮廷にヴァイオリン奏者と作曲家として仕え、1689年にシュレスヴィヒ=ホルシュタインのフースム市のオルガン奏者に任命された。ヴァイオリンの即興演奏も行ない、教会カンタータの作曲家として知られた。
 バッハの次男カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ(1714-88)は父の伝記作家ヨハン・ニコラウス・フォルケルに、父バッハがブルーンスの作品を崇拝していたと語っている。

 このディスクの中で最も興味深い存在はシャイトScheidt(1587-1654)。ブランでブルク辺境伯クリスティアン・ヴィルムヘルムのオルガニストなり、1620年に宮廷楽長、そしてバッハ・オルガン音楽に大きな影響を与えた
「タブラトゥーラ・ノーヴァ」(全3巻)を出版。当時ドイツで用いられていた鍵盤楽器用文字記譜でなく、五線譜が用いられている。コラールや世俗歌曲にもとづく変奏曲、幻想曲トッカータ、フーガなど豊富な内容であった。
 バッハはケーテン時代(1717-23年)、1721年3月24日にブランデンブルク辺境伯クリティアン・ルートヴィヒに「ブランデンブルク協奏曲第1-6番 BWV1046-51」自筆総譜
(但しオリジナルからの筆写譜)を献呈した。バッハはさらにまたもや新しい職場をこの時期に求めたのか。バッハはシャイトのこの曲集から影響を受け、しかも直接シャイトと出会ったとも考えられる。バッハにとって最源流となる人物だったかも。このディスクで椎名雄一郎氏は、これを想起させる曲目構成としたようである。



ブクステフーデベームブルーンスシャイトバロックの概念  バロックの音楽像 バロック年表
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表