制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2018年10月記


Blu-SprcCD2 SICC-30483

ブルッフ

「ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調Op.26」 「スコットランド幻想曲Op.46」

ジョシュア・ベル(vl・指揮)

アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ


 録音:2017年9月エア-・スタジオ ロンドン  発売:2018/6/27




やっと秋に。そこで……



 やっと秋の日を迎えた今日この頃、やっぱり秋はいい、と喜んで受け入れている。そこでほっこり感を満喫しようとしているのか、自然にこのCDに手が伸びた次第である。ユダヤ系ドイツ人のすぐれたロマン派作曲家ブルッフMax Bruch(1838-1920)は、どうしてわれわれに幸せ感を与えてくれるのだろうか。「ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調Op.26」はまことによい音楽!

 さて、「スコットランド幻想曲Schottische FantasieOp.46」(1879-80年作曲、1881年初演)は、ヴァイオリン独奏とオーケストラのための協奏的作品である。正式な題名は「スコットランド民謡を自由に引用したヴァイオリン、管弦楽とハープのための幻想曲Fantasie für Violine mit Orchester und Harfe, unter freier Benützung Schottisher Volksmelodien」とブルッフは記している。ブルッフのスコットランドの歌との出会いは、「スコットランド音楽博物誌Scots Musical Museum」(全6巻、599曲、1787-1803年出版)を通してであった。

 実際この作品を筆者は殆ど聴いたことがなかった。全曲通しては今回が初めてだ。4つの楽章で構成されている。ぱっと聴いて頭に浮かんだのはラロLaloフランス(1823-92)「スペイン交響曲Symphonie espagnoleOp.21」(1874年作曲、1875年初演)。同じくサラサーテのために作曲した5楽章構成の協奏的作品。どちらも異国性を題材にしたまさしく同類! ブルッフもこの先例曲を意識して作曲したと思われる。受容のされ方から見ると、ラロの方が有名でよく演奏される。ブルッフより構成もしっかりしている。しかし、ブルッフの幻想曲のかなりのふんわり感が、魅力といえるのかもしれない。どうだろうね??(^^)



メンデスルゾーン ブルッフ ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表
エッセー目次⇒



音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表