制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

1994年5月記


CD WPCC-5855

ブルッフメンデルスゾーン

「ヴァイオリン協奏曲」

ヴェンゲーロフ(vl)

マズア指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団




ユダヤ音楽家のリスト



 ユダヤ(イスラエル)人あるいはユダヤ民族の血を引く音楽家(国籍は別にして)は、多くいる。特に19世紀以後の有名な作曲家・演奏家をあげれば枚挙にいとまがない。第二次世界大戦中ヒットラーはドイツの音楽史からユダヤ系音楽家の名を抹殺したが、独裁者のなせる奇行というより外はない。今回おすすめの2曲は、二人のユダヤ・ドイツ人の偉大なロマン派作曲家のものである。

 メンデルスゾーン(1809-47)は、天才の常(?)である貧窮の人ではない。それどころかメンデルスゾーン銀行の御曹司で、恵まれた環境の中で最高の教育を受けて育まれていった。彼の家はヨーロッパ有数の文化的サロンを形成していて、文豪ゲーテも出入りしていた。うまく言えないが、その人が金持であるか貧乏であるかで人の価値判断をすべきでなく、富裕の人の中にも善人も悪人もいるし、貧窮の人の中にも善人も悪人もいると思う。

 ブルッフ(1838-1920)は、上記の協奏曲と「チェロと管弦楽のためのコル・ニドライ」(ユダヤ教の古い聖歌に基づく旋律を使っている)が有名な作品である。おすすめするこの2曲の協奏曲は、ともにほのかな幸福感と哀愁をも感じさせる。またこんなに充足感をもたらす音楽もめずらしい。ヴァイオリン独奏は、録音当時19才のロシア青年のたいへんな大器のひらめきを見せる名演奏である。管弦楽は18世紀以来の世界最古の歴史をもつライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団! メンデルスゾーンは、この管弦楽団の常任指揮者であった。



メンデスルゾーン ブルッフ ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表メンデルスゾーン
エッセー目次⇒



音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表