制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2020年2月記


CD PCDA-68116

ブラームス 「最後のピアノ小品集」

① 7つの幻想曲集 Op.116
② 3つの間奏曲  Op.117
③ 6つの小品   Op.118
④ 4つの小品   Op.119
1879年作曲
1892年作曲
1893年作曲
1893年作曲  

スティーヴン・ハフ(p)
 録音:2014/5/14イギリス、ブリストル、聖ジョージ教会①、2018/12/14ロンドン、殉教者サイライス教会②③④  発売:2019/12/15



ブラームスのシューマン一家


 ブラームスBrahmsドイツ(1833-97)は、 20歳の頃シューマン(1810-56)と出会う。シューマンは若きブラームスを世に送り出す大恩人となる。この二人の出会いの3年後に、シューマンはこの世を去る。未亡人クララ(ブラームスの14歳上)と7人の幼い子たち(女の子4人、男の子3人)にブラームスは愛を生涯注ぎ、経済的援助を続けた。それはブラームスも貧困を経験し、10歳の時ダンスホール楽団でピアノを弾き、家計を助けた。人というものは不思議である。貧しくあっても豊かであっても、それが悪作用することがある。すべてはその人の自覚と努力次第、よい方へも悪い方も導くと思う。金銭に対する清潔さや清貧の徳は、自らの意志で培われていくものだとつくづく思う者である。

 ブラームスは父親から最初の音楽の手ほどきを受けた。家にはピアノがないので、初めて学んだ楽器はヴァイオリンと思われる。7歳の時、ハンブルクの著名なピアノ教師であったコッセルに師事し、ブラームスはめきめきとピアノの腕を上げた。10歳の時
(1843年)、初めて公開演奏会に出演した。ベートーヴェンやモーツァルトらの室内楽曲のピアノ・パートや、エルツの練習曲を弾き、称賛を浴びた。同年、コッセルは自分の師であるマルクスセンのもとへ、ブラームスを連れていく。このハンブルク随一の名教師のもとで、ブラームスはピアノと作曲の両方を学ぶ。1852年に最初の作品「ピアノ・ソナタ第1番ハ長調Op.1」と「ピアノ・ソナタ第2番嬰ヘ短調Op.2」を作曲した。ブラームスのピアノ作品は、どれも地味ながら深さがあり、このディスクでは彼の最後のピアノ作品4曲を収める。

 文字通りブラームスの最後のピアノ作品となる「4つの小品Vier Klavierstücke Op.119」は、1893年夏にオーストリア、バート=イシュルで過ごした休暇中に完成。性格的小品集とでもいおうか。ブラームス生前に出版された。初演は一部のみ1894年1月22日、全曲初演は同年3月7日ロンドンでイローナ・アイベンシュッツの演奏で行われた。この時「6つの小品Sechs Stücke für Klavier Op.118」も共に初演。これも1893年に作曲され、クララ・シューマンに献呈された。彼の故シューマン一家族への愛は永遠だったのである。

 イギリスの名匠スティーヴン・ハフは、ブラームスの成熟したピアノ作品を巧みに演奏している。ブラームスの難解なピアノ作品をわれわれに親しませ、詩的な哀愁さえ感じさせてくれる。



ブラームス ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ ブラームス
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表