制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2020年10月記


CD UCCG-5348 

ベートーヴェン 「ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.61
「ロマンス第1番ト長調Op.40&第2番ヘ長調Op.50」

ルツェルン祝祭弦楽合奏団
ダニエル・ドッズ(リーダー)
五嶋みどり(Vn)

録音:2020/3/1ルツェルン、カルチャー・コングレスセンター  発売:2020/9/7



ベートーヴェンの思いを映し出す演奏!


 今年の生誕250年祝いにふさわしいベートーヴェンBeethovenドイツ(1770-1827)の作品を、ヴァイオリニスト、五嶋みどり(1971- )が演奏したディスクである。彼女は35年間に亘る演奏者として知られている。このベートーヴェン3作品の彼女の最新録音は、ルツェルン祝祭弦楽合奏団と共演したもの。コロナ禍で公演がキャンセルともなったが、それをすり抜けて今年3月1日にスイスで行われた。

 五嶋みどりは述べている。「ベートーヴェンがどれほど多くの問題に毅然と立ち向う強い信念と道徳心、自制心の持ち主であり続けられたか、と思いをはせる時、彼は自身の生き方から、如何なる人間にも最高峰を目指し達成しようとするならば、前途に立ちはだかる途方もない困難や葛藤にも勝る自制心を持続する潜在能力があると教えました。彼の薫陶が今日の私の音楽家としての立ち位置を明確に見定める指針となったことに感謝しています。」(メーカー資料より引用)

 現在、五嶋みどりは演奏のみならず、積極的に後進の指導に当たっている(アメリカ、カーティス音楽院、そして世界の主要音楽院の夏期講習マスターズクラスなど)。また2007年に国連ピース・メッセンジャーに就任。このように多くを演奏家が果たすことは誰にもできることではない。ベートーヴェンもこれを知ればどんなに驚くか。りっぱな演奏者こそ、りっぱな演奏の指導者たり得る、と解っていても容易なことではない。それにも拘わらずますます積極的な広範囲な活動ぶりがめだつ音楽家である。録音も積極的で最近はケーテン城で収録したバッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」全集を行った。


 話は私ごとになるが、わが音楽の原点であったヴァイオリン、9月中頃からさわり始めています。とにかく20年のブランクがあった。何とか本日(10月1日)はややごく少し光が見え始めてきたようだ。今年の2月23日にわがピアノ(ピエトロ)は甥の所へ送り届け、80歳のニュー・ライフを開始する断捨離第一号とした。それ以後100冊以上の本を資源ゴミに。どうせ吸収しつくした代物ばかり。ピアノは一番大きな物体でもあるし、もう弾く用向きもないし、何かの時にはたいへんだし、作曲のために必要ともしないしね。TVドラマ「エール」の古山裕一(古関裕而)も同様だね(^^)

ベートーヴェン 古典派の概念 古典派の音楽 古典派年表/ ベートーヴェン
エッセー目次


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表