制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表



バレー「くるみ割り人形
Shchelkunchik Op.71」


 ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーPyotr Ilyichi Tchaikovskyロシア(1840-93)
   バレエでなくバレーと表記しているのは、原語ballet仏語の発音により近いからである。
    
球技の方はヴァリボールvolleyball
英語か、せめてヴァレーがいいと思う。 



<作曲の経緯>


 1875年チャイコフスキーTchaikovskyロシア(1840-93)が当時としては新しい分野、バレー作品にとり組んだのは白鳥の湖(1875-76年作曲、1877年3月4日ボリショイ劇場初演からはじまった。初演は失敗でチャイコウフスキー生前中には評価は得られなかった。当時、ロシアでもバレーは、芸術の中では一段低い分野として認識されていた。踊り手の技量と外形的な美しさだけが強調されていたからである。音楽はそうした魅力を引き出す添え物ようなものとして甘んじていた。これに携わる専門作曲家は、いわば二流音楽家とみなされていた。つまりバレー用の音楽は、断片的な小曲をつなげることでこと足りた。一つの構成された作品とはまだ認識されていなかったのである。チャイコフスキーはバレー舞台音楽に、新しい可能性を見い出していたと思われる。

 そうしたなかサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場支配人から注文を受けたバレー第2作「眠れる森の美女」(1890年完成、1890年1月3日がサンクトペツルブルク、マリンスキー劇場初演)は賛否両論あったが、成功だったといえる。つづいてマリンスキー劇場の支配人イワン・フセヴォロシスキーは、バレー音楽第3作となるバレー「くるみ割り人形Op.71」<2幕3場>(1892年作曲、1892年12月6日マリンスキー劇場初演)をチャイコフスキーに依頼した。E.T.A..ホフマンHoffmanドイツ(1776-1822)の童話 「くるみ割り人形とねずみの王様」を原作としたアレクサンドル・デュマ・ペールAlexandre Dumasフランス(1802-70)の小説「くるみ割りの歴史Histoire d'un casse-noisette」(1844年刊)が、ロシアではよく知られていた。これをも元に台本が作られたのである。作曲は1891-92年にかけて行われた。



<初演とその後の受容>


 初演は不評に終わる。台本が悪すぎたのが原因の一つだった。前半の物語の運びはおもしろいが、バレーとなると踊りに適さない内容であった。後半は美しい踊りが展開されたが、筋立てに劇的要素がなかった。加えて結末があいまいだった。そのためか次第に上演されなくなっていく。チャイコフスキーはバレー初演より先に演奏会用の組曲版を作っていた。自作を指揮する管弦楽の演奏会を企画していたが、多忙のため、下書きがほぼ終わっていたバレー曲から8曲を選び、編曲したバレー組曲「くるみ割り人形」(1892年3月19日バレーに先立つ初演)を編作した。バレーの初演に先立ち、1892年3月19日に初演された。チャイコフスキー自らが指揮をしたこの組曲版が大成功し、8曲中7曲がアンコール演奏された。バレーにこの組曲の成功とその後も高い評価をもったため、バレー「くるみ割り人形」を次第に見直す機運となった。先ずロシアで復活上演され、世界へと広まっていった。しかし、一時途絶えていたバレー「くるみ割り人形」の原典版を失ってしまった。そのためか上演解釈が自由になり、多様な演出が行われるようになった。ちなみに組曲版には、第1組曲(8曲)と第2組曲がある。

、台本作成したマリウス・プティパは、振付も担当する予定であったが、プティパはリハーサル直前に病に倒れてしまった。振付は後輩のレフ・イワーノフに委ねられることになった。プティパとマリンスキー劇場の支配人フセヴォロシスキーの要求の板挟みになってイワーノフは苦労して完成させた。初演は1892年12月18日、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場にて行われた。

 観客の反応はまずまずであったものの、物語性が希薄で成功とはならなかった。今日のようになるまでには時間が必要であった。こうした事情からいまだに定まった演出・振付がなく、21世紀に入った現在も新演出・新振付が作成されている。現在では大きく分けると、1幕の主役であるクララと2幕の主役である金平糖の精を同じプリンシパルが踊る演出と、クララは子供が演じ金平糖の精は大人が踊る演出の2パターンある。後者の演出では1幕にはプリンシパルは登場せず、プリンシパルが踊るのは2幕の後半のパ・ド・ドゥのみとなる。やや踊り手にとっては登場時間が短く、物足りなさは否めない。



<物語>


 一人の少女がクリスマス・イヴに見る幻想的な物語。もう一人の重要な登場人物は、日本ではなじみがないくるみ割り人形である。筆者も手にした憶えがないものです。ドイツの友人にたずねると、ドイツではくるみ割り人形は――木製や金属製のくるみ割りがあっても、今もドイツ人の心象を映す大切な道具であり、クリスマス飾りである。
 この物語のくるみ割り人形の由来ともいうべき前提になる前話がある。それは、ある国で王子が生まれたが、王子の部屋にいたネズミの女王を家来が踏み殺してしまった。ネズミの女王に悪意があったかどうかは不明で――おそらく単におめでとうと言いたかったと筆者は考えている――、女王に仕えるネズミたちは怒り狂い、王子に呪いをかけ、くるみ割り人形に変えてしまう。これが物語展開の鍵となっている。


第1幕 クリスマスイヴ・パーティ
第1場 シュタールバウム家のイヴ・パーティ 


 ドイツのクリスマス・イヴの夜、少女クララのシュタールバウム家ではパーティが開かれていた。――昔からイヴ・パーティがよく開かれた。降誕ミサが真夜中に行われた時代は、子供以外は零時のミサに参加するという習慣があった。宴は零時まで眠らないようにする実利性もあった――
 クララはくるみ割り人形をプレゼントされた。兄と取り合いになり兄が壊してしまう。贈り主ドロッセルマーヤーがすぐ直してくれた。クリスマス・ツリーの人形のベッドに寝かせ、自分も部屋で眠った。夜更けになってお気に入りのくるみ割り人形のことが気になり見に行くと、時計が12時を打つ。するとクララの体はなんとくるみ割り人形と同じ大きさになった。ネズミ軍を引き連れたハツカネズミの王が現れるこれに対抗してくるみ割り人形も兵を引き入れる。宿敵の両軍の対決となり、くるみ割り人形があわやという瞬間、クララはぱっとスリッパをハツカネズミの王に投げつけた。するとハツカネズミたちは退散! 倒れていたくるみ割り人形が起きあがると、王子の姿に変わる! かくして王子はお礼にと、クララをお菓子の国へと案内して行く。


第2場 雪が舞う松林 


 雪の精たちの踊り:群舞コール・ド・バレー


第2幕 お菓子の国魔法の城



 お菓子の国の城ではクララを大歓迎する。チョコレート(スペインの踊り)、コーヒー(アラビアの踊り)、お茶(中国の踊り)、トレパック(ロシアの踊り)、葦笛(葦笛の踊り)、ジゴニュー小母さんと道化たちの踊りがくり広げられる。(ここでチャイコフスキーのすぐれた管弦楽書法が発揮される。あでやかな音彩がきらめく。そして「花のワルツ」。そしてこの幕の頂点、優雅でリリックな「パ・ド・ドゥコンペイ糖の精と王子の華麗な舞)」が展開される。この時ぱっとクララが目を覚ますと、ツリーとくるみ割り人形が置いてある自宅の居間にいた。


 コンペイ糖と日本語訳されているが、ドラジェdragée仏語は糖衣菓子のこと。ヨーロッパでは出産、洗礼、婚礼などの慶事に用いられている。菓子の考案者ドラジェからその名がある。



★ チャイコフスキーの作品


1999-2020


音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表