制作者:国本静三  

音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表



オペラ「ポッペアの戴冠 L'incoronazione di Poppea


 クラウディオ・ジョヴァンニ・モンテヴェルディClaudio Giovanni Monteverdiイタリ(1567-1643)




<遺作、オペラ「ポッペアの戴冠」>



 1642年初演の「ポッペアの戴冠」はおそらくモンテヴェルディonteverdiイタリア(1567-1643)の絶筆であり、彼の劇音楽の革命精神の究極を示す作品である。初演は1642年秋、ヴェネツィアのサン・タンジェロ劇場で行われた。作曲者は75才であった。物語は古代ローマの史実が扱われている。台本はタキトゥス「年代記」からブゼネッロ(1598-1659)が脚色したものである。モンテヴェルディはかなり自ら手を入れ、劇的な盛り上がりを高めたといわれている。

 このオペラに扱われている題材は、勧善懲悪の教訓的ドラマとはなっていない。むしろ現代おいてもニュー・ウェーヴを思わせる筋立てをもっている。大胆に不道徳な男女関係が扱われ、意表をつくこと必至である。それはネロ皇帝の不倫と再婚が骨子となっている。しかし、絵空事でない人間世界の現実を写し取ったような真実性が我々を捉える。このような題材をモンテヴェルディは、たいへん鋭い音楽で切り込んでいる。そしてその音楽は、随所でバロック精神像の世界を断片的に写し取っている。それは副次的人物(小姓や乳母など)の描き方にも表れ、処世的でちょっぴりアイロニカルにまたコミカルに扱われている。それでも全体の構成を阻害することなく、かえって辛らつさと物語の筋運びを強調する。矛盾に満ちた人物設定や、悲劇的要素と喜劇的要素への自由な跳び交いは、時代を超えたメッセージと感動を与えるものである。そして何よりも人間の真実を示すものとなっている。

 「ポッペアの戴冠」の手写本楽譜は2つ伝えられている。1647年ヴェネツィア上演用手写本総譜1651年ナポリ上演用手写本総譜である。ヴェネツィア稿は(サン・マルコ大聖堂図書館所蔵)は、初稿の改訂・短縮版というべきもので、一部は弟子のカヴァッリの手になる。もう一つのナポリ稿(ナポリのサン・ピェトロ・ア・マイエッラ音楽院所蔵)は、モンテヴェルディの初稿に基づいてはいるが、他者によるかなりの加筆が認められる。だが、音楽的にはいっそう豊かな要素が含まれれている。

 楽器の指定については処女作オペラ「オルフェオ」では綿密に書き記しているが、「ポッペアの戴冠」では略されていて、演奏者の創意に委ねられた部分が多い。つまり、バロックの一般的書法であった声楽部分と通奏低音のみが、記されているだけである。




<物語>


プロローグ


 
運命の女神、美徳の女神、愛の神が登場して、これから始まる物語を語り、その不条理暗示する。


第1幕


 紀元62年のローマ。辺地での任務から帰還した武将オットーネは、妻ポッペアが待っているわが家に入ろうとする。だが、妻は皇帝ネロと情事にふけっている最中であった。オットーネは愕然として立ち去る。皇帝とポッペアの二人は一夜を明かし、別れを惜しんでいたのである。ポッペアは皇后戴冠を夢見て胸踊らせていた。

 一方、ネロの皇后オッターヴィアは、怒りをぶつけている。ネロの師、哲学者セネカは、オッターヴィアを慰めている。このセネカは、妻オッターヴィアと離別してポッペアと結婚しようとするネロを諌めていた。しかしネロは激怒する
(モンティヴェルディの開拓したコンチタート様式の典型がみられる)それとは反対にポッペアは、セネカを殺すようにネロをけしかける(ネロとポッペアのあらわな情熱的な愛の表現は、肉感的な輝きをもって表現=第1幕第10場。ヴァーグナー「トリスタンとイゾルデ」、ヴェルディ「オテッロ」と並ぶ二重唱名場面といわれている)

 オットーネは自分が陥れられるのではと心配しているところへ、彼を恋するドルシッラが現れる。


第2幕


 セネカのもとへ今衛隊長が来て、自害命令を伝えられる。セネカは弟子たちに惜しまれながら死んでいく。一方、ネロたちはセネカの死を祝う。苦悩するオットーネに皇后オッターヴィアは、ポッペアの暗殺を命ずる。オットーネはためらい、彼を愛するドルシッラは喜ぶ。オットーネはポッペア暗殺のためドルシッラの衣装を借りた。これは変装してことに及ぶためであった。

 ポッペアは愛の神から守護を約束される。そこへオットーネがポッペアを殺すためにドルシッラに変装してやって来るが、愛の神に阻止され、乳母に騒ぎ立てられて暗殺は失敗に終わる。一方、愛の神はポッペアの皇后戴冠を宣言するのであった。



第3幕


 何も知らぬドルシッラは、ポッペア暗殺のかどで捕らえられる。すべての事情を察知したドルシッラは、愛するオットーネの身代わりになろうとする。そこへオットーネが現れ、すべてを自白した。かばい合う二人を皇帝ネロは、追放処分にする。さらに暗殺の張本人皇后オッターヴィアを、海に流すことを決める(オッターヴィアの「さらばローマ」はモノディ様式の真髄といえる)

 かくしてポッペアとネロの愛は成就した。こうしてポッペアは皇后となり、戴冠の時を迎えるのであった
(フィナーレは二人の対話に始まり、パッサカリア、シンフォニアそして甘美な二重唱に達する)




参考ディスク

DVD UCBG1220「ポッペアの戴冠」(発売:2007年)
 
ニコラウス・アーノンクール指揮、ジャン・ピエール・ポネル演出
チューリッヒ歌劇場モンテヴェルディ・アンサンブル

ポッペア
ネロ皇帝
オッターヴィア皇后
哲学者セネカ
武将オットーネ
皇后の侍女ドルシッラ
ポッペアの乳母
皇后の乳母
小姓
小間使い

運命の女神
美徳の女神
愛の神
ラシェル・ヤカール(S)
エリック・タビー(T)
トゥルデリーゼ・シュミット(Ms)
マッティ・サルミネン(Bs)
ポール・エスウッド(C-T)
ジャネット・ペリー(S)
アレキサンダー・オリヴァー(T)
マリア・ミネット(A)
ペーター・ケラー(T)
シュザンヌ・カラブロ(S)
レナーテ・レンハルト(S)
ヘルルン・ガードウ(S)
クラウス・ブレットシュナイダー(B-T)

収録:1979年チューリッヒ歌劇場

 


★ モンテヴェルディの作品


2002-2017


音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表