音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2000年10月記


CD VICC-60194

フジ子・ヘミング 「憂愁のノクターン」

フジ子・ヘミング(p)

 録音:2000/2-6  発売:2000/8/23



秋の夜長のためのプログラム



 今、ブームを起こしているピアニスト、フジ子・ヘミングをご存じですか? TVなどでも広く紹介され、ステージの袖で十字を切ってピアノに向かって行く姿も印象的でした。日本人の母とスウェーデン人の父をもち、20代にベルリンでバースタインに見い出され、栄光のデビュー寸前に聴力を失うという衝撃が襲った(今も右耳は聞こえない)。数奇で多難な人生を歩んだこのピアニストの音は美しく、多くの人にやすらぎを与えてくれる。TVのインタビュー番組でも的確な言葉で話し、またたいへんシャイな面が見えかくれする。“エエッ”というような独特の声を伴った笑みが、失礼ながらなんともかわいらしい。幼少時代から厳格なアカデミックな音楽教育を受け、そして当時としては珍しいドイツやヴィーンでの留学とその後ずうっとヨーロッパ生活での長い長〜い吸収期を経て、やっと咲き始めた遅咲きの花はまことに清楚でもある。このような経歴の持ち主にありがちな感情過多に陥る傾向が、彼女の演奏には見られない。正攻法な演奏である。

 フジ子・ヘミングの3枚目のこのCDには、ショパン「夜想曲第1番、20番」、「革命」、「前奏曲第3番、第7番、第11番、第23番」、ドビュッシー「月の光」、「版画
(全曲」、リスト「ラ・カンパネラ」など15曲が収められている。この調和のよいアラカルト・メニュー自体も演奏者のメーセージが感じられ、心込めて端正に弾かれた作品群が我々を魅了すること必至である。



ショパン リスト ドビュッシ− ショパン リスト ドビュッシー
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表