制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2021年7月記b


SACD UCCD-9084

モーツァルト 「ヴァイオリン・ソナタ第34番・第28番・第32番・第25番」
アルトゥル・グリューミオー(vn)   クララ・ハスキル(p)

ヴァイオリン・ソナタ第34番 変ロ長調 K.378
ヴァイオリン・ソナタ第28番 ホ短調 K.304
ヴァイオリン・ソナタ第24番 ヘ長調 K.376
ヴァイオリン・ソナタ第18番 ト長調 K.301
 

録音:1958年10月ステレオ録音  発売:2021/6/30



20世紀の遺産
珠玉のモーツァルト演奏!


 1956年にステレオ録音されたこの演奏を、かって筆者はLPレコードによって享受した。今やステレオ録音されたこの音源は、CDディスクからSACDディスクへと変換(?)されてきたのは真にうれしい限り。

 ピアニスト、クララ・ハスキル(1895-1960)はユダヤ系ルーマニア人。かのコルトーの弟子。古典派と初期ロマン派のレパートリーで名高く、とりわけモーツァルト作品の録音と演奏で著名である。スカルラッティやベートーヴェンシューマンの解釈にも卓越したものがあり、ジョルジュ・エネスコやウジェーヌ・イザイ、パブロ・カザルスと共演した。とりわけアルテュール・グリュミオーの共演者として名高い。

 ヴァイオリニスト、アルテュール・グリュミオー(1921-1986)はベルギー人。のびやかな音色と正確な音程そのものが音楽となっている。彼のヴィブラートはヴァイオリンの演奏史上最も美しいとも称される。ピアニストのクララ・ハスキルをパートナーにしたすぐれた演奏活動を行なった。1960年、ハスキルが駅階段での転落事故が元になった急死後、一個人としても演奏家としても虚脱感に見舞われたといわれている。彼の人生にとって大きな出来事であった。

 旧フィリップス・レーベルにはこの二人のベートーヴェン「ヴァイオリン・ソナタ全曲」とモーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ6曲」の演奏が残されている。後者の中から4曲を取りだした今回のモーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ4曲」は、永遠の輝きを放つ不滅の名演奏。筆者もこのLP盤を長年愛聴し、モーツァルトのピアノ作品とヴァイオリン作品を弾く模範としてきた。



モーツァルト 古典派の概念 古典派の音楽/ モーツァルト
エッセー目次⇒)/


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表