制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

991年5月記


DVD UCBD-9014

モーツアルト
オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」

ニコラウス・アーノンクール指揮
ジャン・ポネル演出  ヴォルフガング・トロイ撮影監督
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団  ウィーン国立歌劇場合唱団

フィオルディリージ:エディタ・グルベローヴァ(S)
ドラベッラ:デローレス・ジーグラー(S)
グリエルモ:フェルチョ・フルラネット(Br)
フェルランド:ルイス・リマ(T)
デスピーナ:テレサ・ストラータス(S)
ドン・アルフォンソ:パオロ・モンタルソロ(Bs)

制作:1988年  発売:2003/11/21


モーツァルトは大人の味?!


 モーツァルトはたいへん魅力的な人間だったと思う。これを手短に語るのはむつかしいが、一言でいえば彼の音楽も人間もとてもカトリック的なのである。といっても聖人のような人物かというと、そうではない。不良でもない。彼に聖と俗の要素が混在していても、調和がとれているのである(「モーツアルト書簡集 T〜Y」白水社あるいは「モーツァルトの手紙・上下」岩波文庫は必読!)。ある時は子供のような純粋な遊び心が見え、成熟した大人の深さも見える。教会音楽でも軽妙なオペラ作品にも等しく、これが現れている。そこで謹んで名作を推薦しよう。

 モーツァルトは人間の真実をよく見ている。それは5才の時より、父とヨーロッパの主要都市の宮廷回りをした。あらゆる階層、世代の人間を見て育っていく。ヴィーンのシェーンブル宮殿で階段で転んだ時、幼いアントワ
-ネットに助け起こしてもらった。そして大きくなったら僕のお嫁さんにしてあげると彼女に言ったとか(これはあくまでも伝説的逸話!)。かくして彼が旅で経験したすべてが、彼の人間と音楽の成長にたいへんな養分となっていった。

 読者もお分かりのように、旅は多くの人間との出会いや別れをもたらす。モーツァルトも旅の中で、苦しみなど多く経験することになった。このオペラもナポリを舞台にした若い男女の愛の機微をコミックな味わいの中で、人間の真実を浮き彫りにしている。愛に悩む人も、そうでない人も御覧あれ。これぞモーツァルトの大人の味と言えるだろう。




モーツァルト /古典派の概念 古典派の音楽オペラ「コシ・ファン・トゥッテ」/ モーツァルト
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表