制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

1999年3月記


CD POCQ-1865

モーツァルト


「フォルテピアノと管楽器のための五重奏曲変ホ長調K.452」


ベートーヴェン


「ホルン・ソナタ ヘ長調0p.17」
「フォルテピアノと管楽器のための五重奏曲変ホ長調Op.16」


ロバート・レヴィンフォルテピアノfp=ハンマーフリューゲルhf)
エンシェント室内管弦楽団アンサンブル(ピリオド楽器=古楽器による演奏)

  録音:1896年  発売:1999/1/6



性格の不一致


 夫婦、友人、師弟、上司と部下などは、お互い似た者同士の方がうまくいくのだろうか、それとも相反する性格の方がよいだろうか? う、ウ〜ン、両者相互の賢明にして懸命なる努力と柔軟な姿勢・吸収力があればこそだが、不一致者同士の方がよりスケールの大きい実を結ぶと考える。でもね、失敗すればそのギャップも大きく、大爆発も必至である。大切な点は一と二がなく三もなく、ギヴ・アンド・テイクによる唯々相手を思いやる繊細な協力が必須でありまする、エッヘン。

 さて、モーツァルトより14歳後輩のベートーヴェンは、モーツァルトを限りなく尊敬していた。だが音楽的個性も全く異なり、性格的にもそりが合うとは思えない。それでも彼はモーツァルトから深く影響を受け、見事に独自の古典派音楽を展開した。このディスクでそうした成果を見ることができる。それに全く同じ楽器編成の両者の作品が並んでいるからより明白。さらにうれしいことにオリジナル楽器、つまり作曲者が活躍した時代の楽器が用いられている。つまりフォルテピアノ、ナチュラルホルン(今日のホルンのようにヴァルヴがない)、オーボエ、クラリネット、ファゴットのアンサンブルは、まことによい響き。厳密にいってホルンは金管楽器だが、まことによく木管楽器群と協和するのである。



モーツァルト /古典派の概念 古典派の音楽モーツァルト
ベートーヴェン 古典派の概念 古典派の音楽/ ベートーヴェン
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表