制作者:国本静三  

音楽サロン表紙 目次

[制作者によるラテン語訳]



宮尾節子Miyao Setsuko

現代自由詩分野で活動 高知県出身、埼玉県飯能市在住
1993年女性詩誌「現代詩ラ・メール」第10回新人賞受賞
詩集「かぐや姫の開封」
(思潮社)、「ドストエフスキーの青空」文游社など

★朝日新聞2014年7月9日夕刊に掲載
ラテン語では第1節と第2節の4行形体を3行にし、第4節と第5節を圧縮して1つの節つまり第4節とした。


2007年7月11日作                                           2014年7月11日訳
明日戦争がはじまる Crastina dies bellum afferet
 まいにち
 満員電車に乗って
 人を人とも
 思わなくなった


 インターネットの
 掲示板のカキコミで
 心を心とも
 おもわなくなった

 虐待死や
 自殺のひんぱつに
 命を命と
 思わなくなった

 じゅんび
 は
 ばっちりだ

 戦争を戦争と
 思わなくなるために
 いよいよ
 明日戦争がはじまる
 Cum quotidie feror oppleto curru
 hominum etiam praesentia
 fugit a mente


 Cum tot scripta in interriti lego
 humani cordis praesentia
 fugit a mente



 Cum crudelem mortem
 vel frequens video suicidium
 vitae pretium
 fugit a mente​


 Omnibus sic paratis
 ut belli sensus fugiat a mente
 crastina dies bellum afferet









三木露風Miki Rofu(1889-1964)

 1916年から1924年まで北海道上磯町(現・北斗市)のトラピスト修道院で文学講師を務めた。1922年4月16日、露風夫妻は復活祭に岡田普理衛修道院長の司式で洗礼を受け、カトリック信徒になった。露風は霊名を聖三木パウロ、なか夫人は聖女モニカであった。
 1924日6月30日、露風はトラピスト修道院の講師を辞して上京する。信仰に基づく詩集のほかに、随筆『修道院生活』や『日本カトリック教史』などを著し、1927年ローマ教皇から勲四等の勲記・勲章と聖墳墓騎士の称号を受けた。1963年、紫綬褒章受章。
 1964年12月21日午前9時15分頃、三鷹市下連雀郵便局から出てきたところを、タクシーにはねられ頭蓋骨骨折、同月29日午後3時35分頃に脳内出血により75歳で死去。没後、勲四等瑞宝章。1928年より在住した東京都三鷹市に墓(大盛寺墓地)がある。1971年5月30日修道院下の小公園に三木夫人による露風の詩碑「日輝やかに沈黙し……」が設置された。

 ちなみに「赤蜻蛉(とんぼ)」や「野ばら」はトラピスト在住時代に書かれたものである。住まいの窓から眺める夕焼けの美しさと無数に飛び交う赤とんぼの群れに、遠いふるさと龍野(現たつの市)の情景と子供時代の思い出を重ね合わせたといわれている。6歳で母と別れ祖父に引き取られ、少年時代を龍野で過ごした事情も込められている。露風を母のように世話をした少女への想いの描写にも、深く情感が掻き立てられる。

 第一節は母の背中でのこと。第二節では母との想い出か、あるいは6歳以後の世話してくれた少女との想い出か。第三節は露風が成人してからか、あるいは20代終わりから30代の初めに過ごしたトラピスト時代のことか。第四節はトラピストでのこと、どちらにしても全節が母への深い思慕の情が言葉では言わないが心の奥底に込められている、と筆者は考えている。さらに題名は「赤蜻蛉」と記し、第一節の幼児時代は「あかとんぼ」、第四節の青年時代は「赤とんぼ」と記している。まことに興味深いニュアンスにあふれる表現である。


                                                            2013年8月15日訳
赤蜻蛉(あかとんぼ) Libellulae rubrae
 夕焼小焼の、あかとんぼ
 負われて見たのは、いつの日か

 山の畑の、桑の実を
 小籠に摘んだは、まぼろしか

 十五で姐やは、嫁に行き
 お里のたよりも、絶えはてた

 夕焼小焼の、あかとんぼ
 とまっているよ、竿の先
 Libellulas rubras video in vespertino rubro caelo volantes...,
 Tunc reminiscor ancillae puellae me tergo portantis.

 Posterius puer mora ad corbem carpsi in agro montis,
 Vana tantum somnia erunt...?

 Ancilla puella quindecim annorum ad nuptias ivit,
 eius vero litterae numquam in posterum venerunt.

 Libellulas rubras video in vespertino rubro caelo volantes...,
 unam video libellularum in pali acie sedentem.







音楽サロン表紙 目次