制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次



ドゥッチョDuccio
イタリア(c.1255-1319)


「ガリラヤの山上での出現――イエスの昇天」


 
ドゥッチョはシエナ画派の創始者の一人といわれている。しかし、彼の生きた時代は中世・ゴシック(c.1200-c.1400)の時代であった。彼は時代のパイオニアであった。シエナはイタリア中部、トスカーナ地方の古都で、ゴシックやルネサンスの建築や美術満載の都市である。そうした土壌の中でシエナ画派はドゥッチョやマルティーニが起点となり、ルネサンス期に大輪の花を咲かせた。

 この「ガリラヤの山上での出現」に表現されている場面は、下記の福音書の箇所である。

 
“さて、十一人の弟子たちはガリラヤに行き、イエスがお示しになった山に行った。そして、イエスを見て伏し拝んだ。しかし、疑う者もいた。イエスは弟子たちに近づき、次のように仰せになった。「わたしは天においても地においても、すべての権能が与えられている。だから、あなたたちは行って、すべての国の人々を弟子にしなさい。父と子と聖霊のみ名によって洗礼を彼らに授け、わたしがあなたたちに命じたことを、すべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたたちとともにいるのである」。”(マタイ28・16-20)

 この聖書の箇所はイエスの昇天の直前の場面として知られている。復活したイエスの弟子たちへの最後の訓示であった。その直後イエスは天に昇って行く。この絵はイコンの雰囲気を残している。というかシエナ画派がそうなのである。またこの神秘的で明達な独特の表現は、まさしくシエナ派の特徴をもっている。味わい深いイエスや十二使徒(自ら命を絶ったユダを欠いているので11人)の顔をご覧あれ。イエスの視線は使徒たち一人一人に鋭く注がれ、使徒たちの目線もイエスに注がれている。この11人の配列がおもしろい。上列4人、中列3人、下列4人という組み合わせの三列となっている。この列の重なりが、何ともいえないリズムを創り出している。またイエスの衣はガンダーラ美術を思わせる。いや、つまり、ガンダーラ美術の遠いルーツであるギリシャ古典美術というべきか。それにしてもイエスはじめ使徒たちは、なんと精悍な顔立ちだろう。おそらく最前列左が使徒マタイ、使徒ヨハネ、その右が使徒ペトロと思われる。他はどうも……(^^)。シエナ大聖堂で大きな感慨をもってこの絵を観ることができた。今年(2020年)の主の昇天の祭日は、5月24日に祝われる。



1308-11年制作テンペラ画 イタリア、シエナ・ドゥオーモ美術館所蔵


音楽サロン表紙 目次