制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次



ブリューゲルPieter Bruegelフランドル(c.1525-69)


「反逆した天使たちの堕天」


 
個性的画家、ブリューゲルの興味深い題材による作品である。ブリューゲルはルネサンス末期のフランドル画派最大の画家で、農民や農村の風景を克明に、独特の寓意を込めて描き続けた。そうした表現の中に複雑な様相の現代に生きる我々にも、はっとするようなシャープな切り込みや発想を読み解くことができる。
 さて、カトリック教会や正教会では天使の存在を認めている。人間より優れた存在として神が造られたとされている。ある時、天使のあるものが、低いものを見下し傲慢の罪を犯したため、悪魔(サタン)になったとされている。つまり、それは自分の創造主である神に対する反逆を意味した。この絵では左中央の金褐色の鎧で身をまとっている大天使ミカエルが、神に背いた天使を天から追い出し地獄に落としている。白い衣の天使たちは、大天使ミカエルの広く長い青のマントに守られ、ミカエルと共に制裁している。神に反逆した天使は半獣の想像上のおそろしい、奇怪な生き物の姿に変身している。その殆どが裸の状態である。これをわれわれ人間の問題に置き換えて考えてみると、たしかにすぐれた能力があり並はずれた天分の持ち主は、いやそうでなくても人間は天使と同様に傲慢や高慢の罪に陥りやすいものである。ブリューゲルはこのような人間の弱さに対して、警告を発しているのかもしれない。また「ヨハネの黙示録14・14-19」の情景も加味している。

 ではイエスの悪魔についての教えはどうであったか? イエスが72人の弟子を地方に派遣した時、彼らがイエスのもとに喜びにあふれて戻って来ていった。彼らはイエスの名を使うと悪霊を追い出すことができた、と師イエスに訴えたのである。それを聞いてイエスは彼らに言われた。“わたしは、サタンが稲妻のように天から落ちるのを見ていた。蛇やさそりを踏みつけ、敵のあらゆる力にうち勝つ権威を、わたしはあなたがたに授けた。”(ルカ10・18-19)と。恐らくブリューゲルはこの聖書の記述に思いを起こしたのではないだろうか。イエスはさらに天使たちの役目を述べている。世の終わりに「天使たちを遣わし、つまずきとなるすべてと不法を行う者どもを自分の国から集めさせ、燃え盛る炉の中になげこませるのである。」(マタイ13・41-42)とイエスは言う。
 この一つの絵の中で二つのことを描いている。一つは傲慢に走った天使たちが悪魔になったということと、もう一つは人間が不法なこと行えば世の終わりに天使によって炉に投げ込まれるということである。

 この絵に描かれている天使たちは、最上部中央で二者が高らかに正義を喜ぶように舞い奏でている。その左の一者とその下に一者が剣を振っている。しかし、人間は天使とは異なる。天使のように悪に対して剣を振るえないし、してはならない。だが、人は人を殺したり、争い、復讐し合う。これは真に悪魔的である。キリストは“剣をとる者は皆、剣で滅びる。”(マタイ26・52)といわれ、“敵を愛し、あなたがたを憎む者に親切にしなさい。”(ルカ6・27)、さらに“あなたの頬を打つ者には、もう一方の頬をも向けなさい。”(ルカ6・29)と教えられた方である。ここから帰結するメッセージは、どんなつらい仕打ちを受けても報復はあり得ないのである。さらに“平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。”(マタイ4・9)とイエスは教えられた。このように行い、かくありたい。まちがいを犯す支配者や独裁者がいたなら、批判だけでなくかれらのために真剣に祈らなくてはならないのである。元から絶たなきゃ解決はない。悪と思われる者がよくなるよう、祈るしか方法は無いと思う。



1562年制作 ベルギー、ブリュッセル、美術館所蔵


音楽サロン表紙 目次