制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次



ジョルジョーネGiorgione
イタリア(1477/78-1510)


「嵐 Tempesta」


 ジョルジョーネはティツィアーノとともにイタリア・ルネサンスのヴェネツィア画派の中心的画家であった。
 さて、この絵は、作者が一体何を伝えようとしたのかを読み解きたくなる絵である。先ず右下を見てみよう。けだるい夏の日、若い母と赤ん坊。川で水浴を楽しんだのであろうか、午後のことであろう。中央上部に木立に中から望む空にはなんと稲光が! ざっとひと雨降りそうである。イタリアの夏の雨は劇的である。突然に昼過ぎにまっ暗になって激しい雨が叩きつける。
テンペスタtempestaと呼ぶこの語は、イタリア人にはファンタジーをかき立てるコンセプトである。この語自体が詩であり、ドラマを作り出すからである。

 話を元に戻すと、この絵の情景はそうした嵐の前の静けさなのか、差し迫った緊張感が漂う。川を挟んで左端にいる男はこの母子の父か。あるいは通りすがりの人間なのか。たとえば偶然居合わせた羊飼いか農夫か。女性は単なる農夫の妻とは思えないような当時流行のヴェネツィア婦人の髪型が伺えるし、男性より高い身分の雰囲気をかもし出してもいる。

 さて、この絵は、なにか通常でないものを感じさせる。嵐の前の緊迫感を表現するための道具立てに過ぎないのだろうか。ジョルジオーネは自然現象の嵐を通して、迫り来る不安の時代を暗示しているのだろうか。
 それにしても見事な遠近法と典型的なヴェネツィア画派の色調! 渋いセピアとグリーンの色合いは、単なる不安感だけでない、落ち着きと深さを漂わせている。筆者にとって何度も対面に恵まれている絵である。大きくない絵ながら、しばし足を止めざるを得ない作品となっている。



1505-10年制作 ヴェネツィア、アカデミア美術館所蔵


音楽サロン表紙 目次