制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次



ジョットGiottoイタリア(1267-1337)


「小鳥に説教する聖フランシスコ(フランチェスコ)」


 ジョットは中世後期に活躍し、ルネサンス美術の創始者ともいわれる人である。彼の作品に見られる画期的ですぐれた写実的・劇的描写は、絵画の歴史に新しい時を刻んだ。フィレンツェに生まれ、アシジで長く活躍し、フィレンツェに戻っている。そしてミラノ、ナポリ、パドヴァに出向いて制作した。最後は故郷フィレンツェの大聖堂の造営総監督に任命され、多くの栄誉のうちに死去した。
 ジョットの二大代表作品は、何と言ってもアシジの聖フランチェスコ大聖堂のフレスコ画の連作「聖フランシスコの生涯」(1296-99年制作)とパドヴァにあるスクロヴェーニ
(アレーナ)礼拝堂のフレスコ画の連作「イエスの生涯」(1303-06年制作)であろう。

 さて、「聖フランシスコ
(フランチェスコ)の生涯」(1296-99年制作)は、28枚の連作壁画。聖堂内の壁に沿って描かれている。さらにそのフレスコ画各1枚の大きさは約16平方メートルはある。例えば1枚目の「弱者から尊敬を受ける聖フランシスコ」は、まだ富豪の息子として生活していた頃なので、清貧の聖人フランシスコも立派な服装を身につけている。ある日、サン・ダミアーノ教会の十字架から「早く行って私の壊れかけた家を建て直しなさい」という神の声を聞く場面が4枚目の壁画。5枚目では財産を放棄して世俗に別れを告げている。中心の右側にフランチェスコが服を脱いで手渡す姿で描かれている。

 この一連の壁画で最も有名なのが、15枚目(入口から入ってすぐ右側)の「小鳥に説教する聖フランシスコ」。自然を愛した聖フランチェスコの説教は小鳥たちにも理解され、羽を広げて喜びを表す小鳥たちを描いている。まさしく動画のような錯覚に襲われる小鳥たちである。すぐれたジョットの写実力が顕著で、すべて自然の大きさで描かれていて、背後の木は遠近法が示されている。フランシスコは愛に満ちたまことに優しい顔で描かれている。現教皇のお名前もフランシスコで、11月23日に訪日される!



1296-99年制作 アシジ、聖フランシスコ教会内

 

音楽サロン表紙 目次