制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次



ブリューゲルPieter Bruegelフランドル(c.1525-69)


「ベツレヘムの住民登録」


 ブリューゲルはルネサンス末期のフランドル画派最大の画家である。農民や農村の風景を克明に、独特の寓意を込めて描き続けた。彼の人間賛歌はルネサンスそのもである。そうした表現の中に現代に生きる我々にもはっとするような切り込みるかと思えば、たいへんあたたかくユーモラスな面もある。彼はフランスやイタリアを旅行し、最新のルネサンス運動に接した。しかし、当時主流のイタリア美術の影響をどのように受けているか、その影響が作品にどのように反映しているのか、これらは今後の見解が待たれる。

 誰でもこの絵を初めて一瞥した時、冬の小さな村の光景としか映らないかもしれない。しかし、これは
新約聖書「ルカによる福音書」第2章1節~7節を題材にしている絵である。それも聖書に記された当時のユダヤのベツレヘムでなく、ブリユーゲルの生きたフランドルの風景と農村生活に置き換えて表現している。今や夕陽も沈もうとしている。凍てつく田舎町の広場で子供たちが雪遊びやスケートも楽しんでいる。様々な作業に勤しむ女たちなどがいきいきと描かれている。
 
 この絵の主人公なのに、この絵の中央下に小さくロバにまたがったマリアと後ろ向きのヨゼフがほんの申し訳の描かれている。しかもひどく疲れ、折からの寒さで冷え切った様子に見える。左端に住民登録所が見られる。二人の前には大きな二輪車があって、おそらくワインの樽を積んでいるのであろう。計り売りをしているのだろうか。

 約2000年前のユダヤはローマ帝国の配下にあった。ローマ皇帝の勅令によって、人口調査が行われた。当時の調査のあり方は次のようであった。ヨゼフとマリアは、ガリラヤの町ナザレからユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。それはヨゼフがダビデの末裔でベツレヘムがダビデの町であったため、ヨゼフは身重のマリアを伴い、ナザレからベツレヘムへ人口調査登録のためやって来たのである。登録を終えた2人はこの近辺に宿を求めるが、登録で押しかけた人々で泊まれる宿が無かった。仕方なく羊飼いの泊まったり家畜を入れる洞穴の中を宿とする。ここでマリアは月が満ちて幼子イエスを産むことになるのである。私事ながら筆者は2005年2月、たいへん寒いブリュッセルでこの絵を観た。といっても描かれているマリアとヨゼフには申し訳ないように美術館内はたいへんあたたかく、ゆっくり謎解きをするように見入ることができた。そしてこの絵にすっかり魅せられてしまったのを想い出す。


1556年制作 ベルギー、ブリュッセル、王立美術館所蔵


音楽サロン表紙 目次