制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次



ティツィアーノTizianoイタリア(1490-1576)


「聖母の被昇天」


 ティツィアーノ・ヴェチェッリオは盛期ルネサンス、ヴェネツィア派の画家である。彼の画歴は長く、9歳でヴェネツィアのモザイク画家であったセバスティアーノ・ツッカートに弟子入りしたことから始まる。その後ジェンティーレの工房を経て、ヴェネツィア画派の確立者ジョヴァンニ・ベッリーニの工房にて画業を学ぶ。そこで兄弟子であったジョルジョーネと出会い、多大な影響を受けた。

 1516年からヴェネツィア共和国の公認画家となり、フラーリ教会の有名な祭壇画「聖母の被昇天」を手がけるなど、画家として順調な業績を重ねていく。また、この頃からフェラーラ、マントヴァ、ウルビーノなどの宮廷とも関係をもち、注文依頼を受けた。1530年以降はスペイン国王であり神聖ローマ帝国皇帝カールⅤから評価を受け、1548年、1550年と2度にわたりアウクスブルクに滞在している。カールⅤの息子フェリペⅡからも絶大な信頼を得た。フェリペⅡはティツィアーノの終生のパトロンとなった。その他にも教皇パウルスⅢやローマの名門貴族ファルネーゼ家からも制作の注文を受けている。ティツィアーノの作風は生涯にわたり変化し続け、ヴェネツィア画派最大の特徴である色彩の魅力を存分に発揮した。その鮮やかに彩色された画法は、後世に多くの影響を与えている。

 この絵は筆者にとってヴェネツィアそのものというか、この大祭壇画を観るためにヴェネツィアを訪れると言ってもいいかもしれない。最上部にはマリアを天上に迎え入れる父、神の威光あふれる神の姿が描かれている。中部の聖マリアは父なる神を見上げている。背後から神の光に煌々と照らされている。そして数多くの天使たちが聖母を取り囲み、歓喜の時を共にしている。真っ赤な衣は純潔の証しである。金銀より高価だった絵の具(赤色)をふんだんに使われている! 下部には12使徒たちが見上げている。左下の方に白い衣の聖ペトロ、そしてその横は赤い衣が聖ヨハネであろうか。

 さて、聖マリアは汚れない(無原罪の)人間として生まれ、そして必然的な帰結として天に上げられた(被昇天)と正教会&カトリック教会は伝承し、教えている。1950年ピオ12世によって宣言され、毎年8月15日は「聖母の被昇天」の祭日として祝われている。この日はザベリオが来日記念日、さらに終戦記念日そしてお盆でもある。筆者的にはなにか好ましい重なりである(^^)。

 「カトリック教会のカテキズム」(ラテン語版初版1992年、改訂版1997年発刊。日本語訳2002年7/31カトリック中央協議会発行)は、“聖マリアは、地上の生涯を終えると、肉体と霊魂ともども天の栄光に引き上げられました。そこで御子の復活の栄光にあずかり、神秘体の全肢体の復活を先取りしています。”(p295の<974項>)と記している。この教義は理性や知性のみではとらえられないもので、信仰の次元によってのみ理解可能となる、と筆者は享受している。



1516-18年制作、イタリア、ヴェネツィア、サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ(フラーリ広場の栄光の聖マリア)教会所蔵



音楽サロン表紙 目次