制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次



ムリーリョMurillo
スペイン(1617-1682)


「よい羊飼い、イエス」 


 ムリーリョはバロック前期に活躍したスペイン、セビィリャ派の画家であった。セビーリャに生まれ、そこで生き、死んだ。繊細な技巧と光と色に対する敏感な感覚をもった画家で、その画面にはやわらかくてやさしい宗教的な雰囲気にあふれている。聖母を題材にした作品が多く、聖母の画家ともいわれる。

 この愛らしいイエスの姿! 幼年時代を表したものであろうか。しかし、ムリーッリョの意図は、もっと広く大きく深いものを表すことにあった。イエスは自らを
“わたしは良い羊飼いである。”
(ヨハネ10・10)と言われた。もちろんこれは30歳頃になって宣教生活に入られてからのことである。このように幼いイエスが教えられた言葉ではない。また宣教するイエスは、人類を羊として表現している。“羊飼いは自分の羊の名を呼んで連れ出す。…(略)…羊はその声を知っているので、ついて行く。”(ヨハネ10・3-4) また、“イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て、飼い主のいない羊のような有様を深く憐れみ、いろいろと教え始められた。”(マルコ6・34)ともいわれている。子供のイエスは右手で牧者の杖を持ち、左手をわれわれ人間に置いている。左側とその背景には古い神殿の廃墟が描かれ、過去の因習や掟から決別した新しいイエスの存在、十字架の死によって使命を果たす偉大なる神の子、救い主イエス・キリストを――このような幼年時代のイエスのとびっきり可愛くやさしい男の子の姿に封じ込めて――、ムリーリョは表現したのであった。いつくしみの神の顔の一つといってもよいだろう。


c.1660年制作、マドリード、プラド美術館所蔵


音楽サロン表紙 目次