制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次



エル・グレコ El Grecoスペイン(1541-1614)


「聖ペトロ 聖パウロ使徒」


 エル・グレコはスペイン語でギリシャ人を意味する語である。本名はドミニコス・テオトコプロスDomenikos Theotokopoulosで、ギリシャのクレタ島生まれたグレコはヴェネツィアで修行し、スペインで活躍してトレドで没した。ルネサンス(1400-1600)末期とバロック(1600-1750)の初期に活躍した画家である。特異な構図と大胆な筆致で多くの教会絵画を残した。ルネサンスからバロックに移行する時期に現れたデフォルメを伴う誇張の多い技巧的様式、すなわちマニエリスムが彼の作品には見られる。今回ご紹介する絵にも色濃く出ている。画面下部に従って縦長に引き伸ばすように描いている。またグレコのように男性の顔をこれほど味わい深く描く人はいないだろう。

 ペトロはフィリポ・カイサリアでイエスから、シモンでなくペトロ=岩と呼ぶ、と言われた。この岩の上に教会を建てようとイエスから宣言された(マタイ16/16-20)。イエスの一番弟子にして使徒、初代ローマ教皇は、かって漁師であった。網元の娘婿として業務を果たしていたといわれている。荒くれ男の典型で単純、血気盛んでその分律儀でまっすぐな人間であった。その反面、情の深い人間味あふれる人柄の持ち主であったと思われる。イエスとはどの弟子よりも近くにおり、イエスが捕縛された時はイエスの予告通りイエスを3度も否定した(これが彼の宣教の力強いバネとなった、と筆者は考えている)。イエスは彼の長所も短所も見抜いて、教会の長に選ばれた。そしてイエスの復活にもいち早く遭遇できた。

 それにひきかえパウロは、ファリザイ派の文武両道の教育を受け、ギリシャ語、ラテン語にも長けた教養人、そしてローマの市民権をもつ高い家柄の出であった。イエスの死後、パウロはユダヤの初期キリスト教徒を迫害していた。その後、イエスの光を受けて回心した。まさしく180度転換してキリスト教徒になり、さらに使徒となって大活躍することになる。3度の小アジアとギリシャへの宣教旅行(AD.46-57)そしてユダヤ人とのトラブルで2年間もエルサレムで捕らえられ、ローマ市民権をもつ彼はなんと裁かれるためにローマへ送られてしまう。これがローマ宣教のはじまりとなった。この時を前後してペトロもローマに渡る。

 この二人の共通点は、ユダヤ人であること、共に同時期に最後はローマ帝国の本拠地ローマにおもむき、キリスト教を伝えた。激しい迫害を受け、共に64年頃に壮絶な殉教をした。ペトロは十字架の逆さ吊り、パウロは斬首であった。この絵では左がペトロ、右がパウロである。ペトロは初代世界の教会の代表、つまり教皇となったのに、パウロと比べると影が薄く描かれている。かえってその方が適正なのかもしれない。まことに情深い顔だね。教会では6月29日聖ペトロ聖パウロ使徒の祭日として祝われる。



1587-92年制作、ロシア、ザンクトペテルブルグ、エルミタージュ美術館所蔵


音楽サロン表紙 目次