制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次



ムリーリョMurilloスペイン(1617-1682)


「聖家族のエジプトへの逃避行」


 ムリーリョはバロック時代前期に活躍したスペイン、セビィリャ派の画家であった。セビィリャに生まれ、そこで生き、死んだ。繊細な技巧と光と色に対する敏感な感覚をもった画家で、その画面にはやわらかくてやさしい宗教的な雰囲気にあふれている。聖母を題材にした作品が多く、聖母の画家ともいわれる。ムリーリョにはこの絵と同じ題材にした作品が多いが、その中でも最良の作品と評価されている。

 事の次第は次のようであった。東方からやって来た占星術学者たちによって時のユダヤ王ヘロデは、誕生したイエスの存在を知ってしまった。つまりユダヤ人の王として生まれたイエスに権力を脅かす者として恐れを抱いてしまった。東方の占星術学者たちが星に導かれて幼子イエスを拝んだ後、“「ヘロデの所へ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。”(マタイ2・12) 

 その後、“主の天使が夢でヨセフに現れて言った。「起きて、子供とその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告げるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている。」ヨセフは起きて、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトへ去り、ヘロデが死ぬまでそこにいた。”(マタイ2・13-14) 

 “ヘロデは占星術の学者たちにだまされたと知って、大いに怒った。そして、人を送り、学者たちに確かめておいた時期に基づいて、ベツレヘムとその周辺一帯にいた二歳以下の男の子を、一人残らず殺させた。”(マタイ2・16)と福音にはある。ヘロデの虐殺寸前にこの3人家族は旅立ったのである。マリアが人目から隠すようにしっかりと幼子イエスを抱き、ロバにのっているのが分かる。重大な責務を担っていたヨゼフは、雄々しくその務めを果たしている様子。なぜならこの家族の旅はベツレヘムからエジプトへの旅路、それもヘロデ王の幼児虐殺から逃れるための鬼気迫る脱出の旅だったからである。旅立つことを天使から告げられ天使に守られたヨゼフは、二人をロバにのせてエジプトへ向かって逃れて行った。ヘロデの追っ手がやって来るかもしれないという危機感を秘めながらも、三人の聖家族の姿をたいへん美しく描いている。


1655-60年制作 モスクワ、プーシキン美術館所蔵


音楽サロン表紙 目次